ここから本文です

カレン・ギラン、リメイク版『マスク』への出演説を否定

2019/12/11(水) 12:53配信

デイリースポーツ

 カレン・ギランは、リメイク版『マスク』出演への話は持ち掛けられたことはないそうだ。ダークホース・コミックスの設立者であり、マスクを被った同キャラクターのクリエイターでもあるマイク・リチャードソンは、1994年に製作された映画版を女性を主役にリブートする可能性を示唆しており、カレンの名前が候補として囁かれていた。

 「体を張れるコメディアンをこの役に使いたいですね。考えている人が1人いますが、名前は伏せておきます。未来に何が待ち構えているかわかりませんからね。でも色々と考えてはいます」とリチャードソンは話していた。

 一方『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が13日から日本公開されるカレンは、『マスク』への出演の話は来ていないものの、ジム・キャリーが緑のマスクを被り登場する同作品について、デジタル・スパイにこう話している。「『マスク』の話は何も聞いてないってことを、ここではっきりしておくわ。それについては何も知らないのよ。でも、あの映画は大好き。子供の頃のお気に入りの映画だったわ」



また子供時代のもう一本のお気に入りは『ジュマンジ』だったそうで、「私のお気に入りの映画が『ジュマンジ』と『マスク』だったから、変な話よね。私は『ジュマンジ』のリブート作品に出演しているし、そこで『マスク』も実現したら。でも、それについては何も知らないの』



さらに、有名な作品に自分の名前が関連づけられたことを嬉しく思っているそうで「私は女優になるため長年努力してきた。スコットランド出身だから、アメリカへ渡って女優で生計を立てるまでになるには、すごくがんばる必要があると感じている。だから、こんな噂を耳にすると、私のこと知っている人がいると思っただけですごく嬉しくなるの」と明かした。(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:2019/12/11(水) 13:52
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ