ここから本文です

岡村隆史 今年の漢字は「闇」 蛍原と直対面で「来年は色んなことが変わると思う」

2019/12/11(水) 14:37配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(49)が11日、都内で、映画「決算!忠臣蔵」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した。

【写真】自称ムービースターの岡村隆史

 イベントではそれぞれの「今年の漢字」をトーク。今年は芸人の“闇営業”問題で激震した吉本興業所属の岡村は「闇」の1文字を選び、「すべてはここから始まった。僕らは『直』(直営業)って言っていたんですけどね。ここから始まって最後の徳井までつながった」と、多額の申告漏れと所得隠しで活動を休止しているチュートリアル・徳井義実(44)の名も出し、吉本の“自虐ネタ”で笑わせた。

 10日には雨上がり決死隊・蛍原徹(51)と会ったことも明かした。「昨日、蛍原さんと一緒でして。蛍原さんとは、こうしよう、ああしようと話をして、まだ何ともやな…ということになりましたけど。来年はいろんなことが変わると思います。いろんなことがまとまってきて、会社も(新しく)なると思うので」と話した。宮迫博之の復帰や今後などについては、具体的には言及しなかった。

 闇営業問題については数々の芸人がネタにし、“闇”を笑いに変えてきたが、「僕がこれをいじるのは(今日が)最後です。来年は明るくみなさんを笑わせます」と宣言していた。

最終更新:2019/12/11(水) 14:50
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事