ここから本文です

石川佳純は初戦で過去11戦全敗の世界女王と対戦 五輪代表争い最終決戦

2019/12/11(水) 15:49配信

デイリースポーツ

 「卓球・ワールドツアー・グランドファイナル」(12日開幕、鄭州)

 開幕前日の11日、組み合わせ抽選が行われた。女子シングルスでし烈な東京五輪代表争いをしている世界ランク10位の石川佳純(26)=全農=は、世界女王の劉詩ブン(中国)と対戦。石川を僅差で追っている同11位の平野美宇(19)=日本生命=は、同18位の王芸迪(中国)と激突する。

【写真】五輪代表を争う平野との対決を制し、涙する石川佳純

 日本卓球協会は来年1月発表の世界ランク上位2名を五輪のシングルス代表に選ぶが、女子は伊藤美誠(19)=スターツ=が既に当確。残り1枠を巡って石川と平野がデッドヒートを繰り広げている中、今月のノースアメリカン・オープンで石川が優勝したため、2番手に躍り出た。

 今年最後の国際大会であるグランドファイナルで決着が付く。ともに相手よりも1つでも上に勝ち上がれば代表に決まるが、両者が同じ成績の場合は石川に軍配が上がる。

 ただ、石川の初戦の相手は過去11戦全敗と圧倒的に分が悪い19年世界女王に決まった。一方の平野も王芸迪とは0勝1敗。両者ともに過去勝ったことのない相手だけに、最後まで何が起こるか分からない。

最終更新:2019/12/11(水) 18:23
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事