ここから本文です

王貞治氏 聖火リレ-最終走者を否定「拍手する側にまわります」有働アナの直撃に

2019/12/11(水) 21:43配信

デイリースポーツ

 ソフトバンクの王貞治会長が11日放送の日本テレビ系「衝撃アノ人3時間!」に出演。東京五輪の聖火リレー最終ランナーの可能性を問われ「拍手する側にまわります」と話した。

 王会長は、番組MCの有働由美子のインタビューを受けた。2020年の東京五輪での最終聖火ランナーに関して、有働アナから「最後に聖火をつけるのは王さんか、長嶋さんではないか、と。どうなんでしょう?」と直撃されると、笑みを浮かべ「お互い足がうまくいかなくなったから。拍手する側にまわります」とやんわり否定した。

 東京五輪の開会式は2020年の7月24日に新国立競技場で行われ、聖火リレーの最終走者が聖火台へ点火する。聖火リレーは3月26日に福島県から始まる。

最終更新:2019/12/11(水) 22:01
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事