ここから本文です

まるで太巻きみたい!朝から栄養たっぷり「くるくるエッグロール」【世界のクックパッドから―朝ごはん編】

2019/12/11(水) 17:02配信

クックパッドニュース

世界74の国と地域でサービス展開しているクックパッド。それぞれの国のクックパッドに寄せられた現地のユーザーさんによる本場のレシピをお届けします。 今回ご紹介するのはロシア。ロシアの朝ごはんとして不動の人気を誇る、卵巻きのような一品をご紹介します。 卵とお野菜で栄養たっぷりの朝をスタートしませんか。

■ ■ ■

ロシアの朝は栄養満点!

世界一面積の広いロシアは、地域によって異なる文化を持ちます。そんなロシアの人々の共通点は、朝ごはんに栄養のあるものを作る習慣。
今回の卵巻きも、典型的な朝ごはんの1つ。中に詰めるものを自由に変えて、お気に入りのロシア風卵巻きを見つけて見て下さい。

ロシア風エッグロール「ヤイチニー・ルーレット・ス・ナチンコイ」

卵巻きは古今東西、色んな所であらゆる料理になっています。起源を遡れば、インド、エジプト、メソポタミア文明。数千年前からすでに人類は卵巻きの原型を食していたとも言われています。19世紀の終わりに砂糖が普及し始めると、フランスで甘いクレープのような卵巻きも生まれます。
そして今や卵巻きは、世界のあらゆる所で見られるようになりました。そう、日本でも我々の独自文化であるだしを使って卵を巻いた「だし巻き卵」がありますね。
今回は、そんな卵焼きのダイナミックな歴史に思いを馳せながら、ロシアの卵巻きを作ってみましょう。

材料 (2人分)
<卵焼き部分>
・卵…4つ
・サワークリーム…100g
・サラダオイル…大さじ2
・塩…適量

<中に巻く具材>
・とけるチーズ…100g
・人参…1本
・玉ねぎ…1つ
・にんにく…1-2かけ
・サワークリームもしくはマヨネーズ…50g
・サラダオイル…適量
・塩、胡椒…適量

作り方
<卵焼き>
1. 卵を卵黄と卵白に分けておく。
2. 卵白の方に塩を入れ、ふんわりするまで泡立てる。ハンドミキサーを使うとラクです。
3. 卵黄の方にサワークリームを入れ、泡立て器でしっかりなじませるように混ぜる。
4. 3にサラダオイルと、2の泡立てた卵白を2~3回に分けて入れる。
5. オーブンの天板にクッキングシートをしき、4を表面が平らになるように広げる。
6. 180度のオーブンで15~20分焼く。焼きあがったらシートを外して冷ましておく。

<具材の準備と仕上げ>
1.  人参は千切りにし、玉ねぎはみじん切りにして、柔らかくなるまでサラダオイルで炒めたら、粗熱がとれるまで冷ましておく。
2.  溶けるチーズとすりおろしたにんにくを1に混ぜる。
3.  2にサワークリーム(もしくはマヨネーズ)、塩、胡椒を加える。
4.  焼いておいた卵のシートに3を平らに置き、手前から巻いていく。
5.  ラップやクッキングシートに包んで、30分程度冷やす。

スライスして、召し上がれ!

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 17:02
クックパッドニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事