ここから本文です

肌質改善が期待できるかも? 積極的に食べたい、アンチエイジングフード10選

2019/12/11(水) 20:41配信

ELLE ONLINE

ブルーベリー

ブルーベリーの粒は小さいけれど、他のどのフルーツよりも多くの抗酸化物質を含んでいると教えてくれたのは、セレブ御用達の栄養士、リサ・デファジオさん。

「ブルーベリーは、紫外線、ストレス、公害などによる肌ダメージを引き起こすフリーラジカルから、私たちを守ってくれます。さらに、しわ予防に役立つビタミンCも含まれています」

すいか

若々しい肌を保ちたいなら、夏を代表するこの果物であり野菜を積極的に食べて。「ザ・ニュートリショナル・ツインズ」を主宰し、栄養の専門家として活躍する双子のリッシー・ラカトスさんとタミー・ラカトス・シェームズさんは、次のようにアドバイスする。

「すいかには、自然の日焼け止め効果のあるリコピンが豊富に含まれています。肌を傷つけ、老化の原因になり、シミを引き起こし、くたびれて見せる紫外線から、肌を守ってくれます」

また、デファジオさんもすいかをおすすめするひとり。すいかは水分が肌を保湿し、ハリを与えてくれるから、いいこと尽くめなんだって。

ざくろの種

フローズンヨーグルトに混ぜると、きれいなマーブル模様を描いてくれるざくろの種。サラダに加えるとほどよい甘みを添え、風味のアクセントも与えてくれる。

「ざくろの種はフリーラジカルがもたらすダメージと戦ってくれる化合物を含み、体がコラーゲンを維持する能力を高めてもくれます」(デファジオさん)

オレンジ

ジューシーで乾いた喉を潤してくれるオレンジには、若い体をキープしてくれる働きがあるという。

「オレンジに含まれるビタミンCが、免疫力をアップし、体の機能を整えてくれるのはもちろん、コラーゲンの生成にも一役買ってくれます。コラーゲンは肌に弾力やしなやかさを与え、見た目を若々しく演出してくれますよ」(ラカトスさんとラカトス・シェームズさん)

アボカド

サーモンに含まれるオメガ3脂肪酸と同様、アボカドにも免疫システムをきちんと機能させてくれ、抗炎症作用のある脂肪酸がたっぷり含まれている。

この良質な脂肪が、心身ともに美しく年を重ねる手助けをしてくれるそう。サラダに加えたり、トーストにトッピングしたり、ヘルシーなデザートを作ったりして、食生活にもっと積極的に取り入れたい。

2/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 20:41
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事