ここから本文です

史上最大のIPOで資金調達 世界最大の石油会社「サウジアラムコ」

2019/12/11(水) 11:03配信

マネーの達人

実力とESG投資

「サウジアラムコ」は米国のApple、Google、エクソンモービルを足したプロフィットキングのような企業です。

サウジアラビア政府は財政難ですが、「サウジアラムコ」そのものは経営状態の良い優良企業と言えるでしょう。

一方で持続可能な開発を重視するESG投資の観点では、二酸化炭素排出で環境に悪影響を与えているという理由で「サウジアラムコ」は投資先として不適格な面があります。

優良企業である反面、今のSDGsやESGといった観点でネガティブな性質があることにも留意しておくべきです。

日本の個人投資家が買えるのは先

「サウジアラムコ」はサウジアラビア国有の世界最大の石油企業です。

「サウジアラムコ」は残念ながらサウジアラビア国内での上場となるため、通常、日本の個人投資家が気軽に買える銘柄ではありません。

IPOされる理由はサウジアラビア政府の財政収支の悪化と、2030年に向けた脱石油化と経済の繁栄のために資金が必要だからと言われています。

Apple、Google、エクソンを合わせたような利益をだす優良企業である反面、ESG投資の観点からはネガティブな側面もあります。

サウジアラビア国内の上場のため、日本人投資家は気軽に買えませんがアメリカや日本に将来、上場される可能性もあるため興味がある方は動向を追うと良いでしょう。(執筆者:田守 正彦 /フリーランスのWEBライター。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方)

2/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 11:03
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ