ここから本文です

カルレス・ペレス「僕とアンスは信じれば届くことを証明した」

2019/12/11(水) 14:03配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 カルレス・ペレスがチャンピオンズリーグ初出場と初ゴールを記録している。火曜日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ最終節、バルサの先制点はこのペレスのゴールだった。

【写真】インテル v FCバルセロナ

 試合後、グラノリェース出身の21歳は次のように語っている。「僕とアンスが良い例を作れたと思う。選手が自分たちを信じ、クラブもラ・マシアを信じれば、ここに届くことをね」 

 個人レベルについて質問されたペレスは、試合に入るまでに時間がかかったことを認めたが、「チャンピオンズリーグでのデビューに満足している」と続けた。「ゴールも決めることができて、まるで夢のなかにいるような気持ちだ。アプローチで少し苦労したけど、ゴールを決めたときはすでにコントロールできていたよ」

 一方、後半のミスについては自己批判を行っている。「あの4対3の場面では、ルイスにボールを渡すべきだった。自分のミスだ。みんなは“問題ない“と言って僕のゴールを祝福してくれた。本当に幸せだよ」

 ペレスはバルサBに所属する選手だが、先日ファーストチームと同等の契約を交わしている。「これまでと同じように頑張って、監督から与えられるチャンスをしっかりと活かしたい」最後にそのように語った。

Mundo Deportivo

最終更新:2019/12/11(水) 17:21
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事