ここから本文です

【朝日杯FS】「前走4着以下はマイナス」「早生まれが有利」データ的に1、2月生まれの3頭で勝負

2019/12/11(水) 11:00配信

SPAIA AI競馬

阪神JFと求められるものが違う

阪神JFは1番人気のリアアメリアがまさかの圏外。外枠だったので、前走と同じように外をぐるっと回って来れば勝てるだろうと思っていたし、実際にそのような競馬をしたのだが、前が止まらない流れもあって不発に終わった。やはりGIは甘くないということか。勝ったレシステンシアにしても完全に実力を見誤っていた。競馬の難しさを改めて思い知らされた1日だった。

朝日杯FSに役立つデータ

今週は朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS)。このレースは2014年に中山から阪神へ場所を移行。小回りの中山から外回りの阪神へと変わったのだから、求められるものも当然変わってくる。また、同じ年にホープフルSがGIIへと昇格。朝日杯FSとそん色のない賞金となったことにより、中距離馬が無理に朝日杯FSを使う必要がなくなった。

ここ3年の1~3着馬の今を調べてみたが、それを裏付けるような結果が出た。それは、全馬が前走でマイル以下のレースを使っているのだ。2017年の勝ち馬ダノンプレミアムは能力の高さで中距離でも走れているが、マイルCSで好走したように本質はマイラーだろうし、2017年の3着馬タワーオブロンドンなどは古馬になってスプリンターとして大成した。先週の阪神JFの時はクラシックにつながるレースと書いたが、同じ阪神1600mでもこのレースは完成度が高く、スピードのある馬が活躍する傾向にあるようだ。

早生まれに注目

前述の通り、阪神で行われてからまだ5年しか経っていないので、今回は過去5年分のデータを中心として傾向を調べることにする。

まずは前走着順。5頭の勝ち馬は全て前走1着だった。ここ5年の出走頭数の半分近くが前走1着馬だったはいえ、勝ち馬を探すとなるとほぼ必須条件。少なくともここ5年で連対ゼロの4着以下に負けていては話にならない。

続いて生まれた月。完成度で思いついて調べてみたが、何と生まれが早いほど成績がよくなっている。ここ10年に範囲を広げても、連対率1位は1月、2位は2月、3位は3月となっていた。阪神JFでは早生まれが有利という傾向はなかったので、やはり同じマイルのGIでも性質が違うのだろう。

血統はディープインパクトを中心として、切れるマイラー系が活躍の傾向。1番人気が予想されるサリオスだが、父がハーツクライ、母はディアナ賞(独オークス)など2200mの重賞を2勝したサロミナ。ドサージュ(配合理論)的にも中距離血統のはずだが、現時点ではマイラーとしか思えない走り。現時点でまだ良化途上だとすれば、将来は父の代表産駒になり得る存在かもしれない。

タイセイビジョンの父タートルボウルの代表産駒はトリオンフ(小倉記念)やアンデスクイーン(レディスプレリュード)と中距離で活躍する馬だが、タートルボウル自身はマイル前後で活躍した馬。タイセイビジョンが産駒のモデルケースだと思われる。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 12:34
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事