ここから本文です

【映像】宮川花子「症候性多発性骨髄腫」を公表 大助と会見・現時点で復帰のめどたたず

2019/12/11(水) 14:08配信

THE PAGE

宮川花子「症候性多発性骨髄腫」を公表 大助と会見・現時点で復帰のめどたたず

 体調不良のため休業していた夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子の宮川花子(65)が11日午後、夫の宮川大助(70)とともに会見を大阪市内の吉本興業本社で行った。花子はこれまで病名などを明かしていなかったが、会見で血液のがんの一種である「症候性多発性骨髄腫」での化学療法・リハビリのため休業していることを明かした。現時点で復帰のめどはたっていないが、奈良県内の病院で治療を続けながら本格的なリハビリに入っていることも明かした。

【会見映像】宮川花子「症候性多発性骨髄腫」を公表 その1

今年6月に体調不良を訴えて以降舞台を休演

 花子は今年6月に体調不良を訴えて以降、予定されていたなんばグランド花月(NGK)の舞台を休演し、同月29日に放送されたNHKの番組「生活笑百科」に花子が車いすで出演していたこともあった。

首や肩など合わせて7か所で腫瘍が見つかった

 また、大助は同月に行われた舞台で、花子が腰痛の治療をしているため休演していることを明かしていた。しかし、花子は大阪府や奈良県内の病院で首や肩など合わせて7か所で腫瘍が見つかるなどし、危険な状態が1週間も続いていたこともあったという。

「復帰のめどはまったく立っておりません」

 現在、まだ治療中のため復帰のめどはたっていないと自ら明かした花子。しかし、回復のめどが立ち、色々と手術、治療、放射線と3つの会見の実施を決めたという。

 花子は会見の冒頭で「今回、復帰会見となっておりますが、復帰のめどはまったく立っておりません。退院の日にちも決まっておりません。ある程度回復のめどがたったのと、私は昭和から平成になる時に胃がんで入院しておりました。そして平成から令和になる時に、また、がんで入院することになってしまいました。でも色々と治療、手術、放射線、3つの方法を全部経験して、それでも生きているということを証明できたし、これまらも証明していきたいので、みなさんにあきらめないで治療をして命を一日でも延ばしていってほしいという思いから会見を行いました」と思いを語った。

半年ぶりに病院の外も「しゃべるのは大丈夫」

 また、半年ぶりに病院の外へ出たことも明かし「車に乗るのと、なんばに来たのも6か月ぶり。自分でどういう状態かわからないので、苦しくなったりしんどくなったら、すみません」と話していたが「しゃべってるのは全然大丈夫ですので。しゃべってるのを聞いてたら大助さんの方が病気かとよく言われるので」と会場を沸かす場面も見られた。

大助「僕好きなんですよ嫁はんがね。今回余計好きになりましたね」

 大助は「いつまでも元気であってほしいと思うし、元気な時にもっと女房孝行してやればよかった。僕好きなんですよ嫁はんがね。好きで一緒になったんで、今回は余計好きになりましたね。女房に二度目の恋をするっていうけど、これは大助花子の人生劇場ですね」と話していた。それに対し、花子は「女房孝行してくれてるよー」と話し、仲睦まじい夫婦の姿を垣間見ることもできた。

 花子は報道陣からの復帰についての質問に「復帰はまだだが、NGKの舞台に立ちたい」と今後の目標を力強く語っていた。

最終更新:2019/12/11(水) 19:42
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事