ここから本文です

マカオの世界遺産・セナド広場でスリ…中国籍の男4人組を現場近くで逮捕

2019/12/11(水) 12:20配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は12月10日、同月5日に観光名所が多く集まるマカオ歴史市街地区周辺で防犯パトロール中の警察官がスリの男を現行犯逮捕したと発表。

 警察発表によれば、セナド広場でスマートフォンの盗難被害に遭ったとする通報があったのを受け、周辺をパトロール中の警察官が現場周辺で調査を行っていたところ、広場の一角にある郵便局前で通行人の貴重品をつけ狙う挙動不審な男4人組を発見。4人に対して職務質問した際、1人の所持品の中からスリで得たものとみられるスマートフォン1台が見つかったため、詳しい事情を聞くため警察署へ同行させたとのこと。

 その後、警察署で当該スマートフォンを確認した結果、被害届が出されていたものと一致したことから、窃盗容疑で逮捕するに至ったとした。逮捕された男4人はいずれも中国籍で、年齢は30~50代。警察では、4人を窃盗罪で送検する方針。

 マカオでは、混雑した公共路線バスの車内やバス停、観光名所周辺、さらにはマカオへ向かう航空機内等でスリ事件が頻発しており、警察が被害防止のため身の回りの品に対して細心の注意を払うよう呼びかけている。

最終更新:2019/12/11(水) 12:22
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事