ここから本文です

危険な投資とは?大切なお金を知らない人へ預けられるか

2019/12/11(水) 7:12配信

MONEY PLUS

この数ヵ月、金融教育をテーマに議論する機会が増えていますが、日本で金融教育というと「投資教育」と「消費者教育」のどちらかに比重が偏る傾向にあります。前者は投資のための教育、後者は主に詐欺被害などにあわないための教育を指します。消費者教育の議論をしていると、危険な投資の話が出てくることも。しかし、筆者は投資自体を危険とすることについてはしばしば異論を唱えることもあります。今回は「本当に危険な投資は何か」について書いていきます。

【写真】毎年上位にランクインする12月の株主優待

それは本当に危険なのか?

最近、大学生の間で投資をテーマにした詐欺が流行っています。「必ず儲かる方法を教える」、または「このUSBメモリーを買えば必ず儲かる」と言って、金銭を払わせる手法です。その際に使われる投資の種類は「仮想通貨(ビットコイン)」や「FX(外国為替証拠金取引)」、「日経先物取引」、「バイナリーオプション」などです。

その結果、消費者教育で、これらの投資自体が危険と大学生に伝えている人もいるのですが、筆者はそれは間違いだと考えています。そもそも、これらの投資は決して違法行為でもなく、資産を増やすことも可能な投資です。問題なのは、仕組みを理解しないまま投資することでしょう。
 
「日本円などの法定通貨とビットコインなどの仮想通貨って何が違うの?」や、「バイナリーオプションってどういう仕組みなの?」と聞いて、正確に回答できる学生は多くありません。しかし、そういう学生たちがお金を増やしたいとこれらの投資に興味を持っています。このギャップこそが危険の正体なのです。

知らないものに投資することが危険

「知らないものに投資すること」がどれだけ危険なのか。一般的な日本株投資を例にしてみましょう。既に株式投資をしている人は一緒に考えてみてください。

これまで投資をした、または現在投資をしている企業の事業内容は知っていますか?もし何をしているか知らないのに、企業の株に投資をしているのだとしたら、それは非常に危険な行為です。

何をしている企業かは知っているという人も、十分ではありません。その企業がどのようにして売上をたてているのか、属している産業がどんな状況にあるのか、競合他社はどこか、といったような情報も知っておく必要があります。

お金は非常に大切なものです。あまり理解していない企業の株に投資をするのは、大切なお金を知らない人に預けることと同義です。投資先の企業を調べるのは面倒なことかもしれませんが、その手間を惜しむのであれば、投資はしない方がいいかもしれません。それほど、知らないものに投資することは危険なのです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 7:12
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事