ここから本文です

バルベルデ「選手たちのリアクションは素晴らしかった」

2019/12/11(水) 14:40配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 サンシーロでの勝利は、バルサにとってローテーションの成功とカンテラーノのクオリティを証明するものになった。チャンピオンズリーグのグループステージ最終節でインテルに1-2で勝利したあと、エルネスト・バルベルデは「選手たちのリアクションは素晴らしかった」と語っている。

「インテルがプレッシャーをかけてきたのでアプローチは難しかったが、時間の経過と共にミッドフィールドを支配し、相手エリアに侵入することができた。ラウタロとルカクには注意を払いつつね」指揮官は試合をそのように振り返った。

「非常に要求が高い試合だったことは間違いない」バルベルデは説明する。「チャンピオンズデビューになる選手も複数いたが、この勝利で大きな自信を得たと思う。カルレスとアンスはゴールを決めた。アンスはチャンピオンズリーグ最年少記録を達成している。私が一番うれしいのは、彼らが我々の選手だということだ」

 チングリはアレニャへの賛辞も付け加えた。「何も驚かなかったよ。彼は素晴らしい選手なので、時間を与えたいと思っていた。ミッドフィールドには多くの選手がいる。現在、私は他の選手を起用しているが、アレニャは信頼している選手のひとりだ。彼がこれから役に立つことに疑いの余地はない」

 ネトについては「プレーさせたかった」と語っている。「毎日のトレーニングを見て、素晴らしいゴールキーパーだと評価している。マルクがいるので出場の機会は限られるが、ネトは常にフォームにある。今日は素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた」

執筆者:Roger Torello

最終更新:2019/12/11(水) 14:40
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事