ここから本文です

神戸の海上に大型の斜張橋を2本建設へ 大阪湾岸道路西伸部 橋の形式選定

2019/12/11(水) 17:35配信

乗りものニュース

 国土交通省 近畿地方整備局と阪神高速道路は2019年12月10日(火)、大阪道路湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)に建設予定の海をまたぐ長大橋について、学識経験者などによる「大阪湾岸道路西伸部技術検討委員会」が橋の形式を選定したと発表しました。

【画像】橋の構造詳細

 大阪道路湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)の事業は、阪神高速5号湾岸線の六甲アイランド北ランプから、31号神戸山手線に接続する駒栄ランプまでの14.5km区間を建設するもの。人工島である六甲アイランドとポートアイランド、そして和田岬地区を長大な海上橋でつなぐルートとなり、その橋をどのような形式にするかが話し合われていました。

 このうち、六甲アイランド~ポートアイランド間(新港・灘浜航路部)の橋には、2730mの「連続斜張橋」が選定されました。橋桁の上に高く伸びる塔から、斜めに張ったケーブルを橋桁につなぎ、これを支える構造の橋を斜張橋といいますが、今回は4本の塔からなる「5径間連続斜張橋」です。最大支間長(橋脚と橋脚の距離)は約650mで、連続斜張橋としては世界最大規模だといいます。

 ポートアイランド~和田岬間(神戸西航路部)の橋には、塔1本でケーブルを配した1180mの「1主塔斜張橋」が選定されました。最大支間長は480mで、こちらも1本主塔の斜張橋としては世界最大規模だそうです。これら橋の形式は、周辺の景観や維持管理性、地震の影響などを考慮して選定されました。

 なお、大阪湾岸道路西伸部は6車線、設計速度80km/hの道路として建設される計画です。周辺の交通を分散させ、並行する阪神高速3号神戸線などで発生している渋滞を緩和する効果が期待されています。

※誤字を修正しました(12月11日20時40分)。

乗りものニュース編集部

最終更新:2019/12/11(水) 20:43
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事