ここから本文です

2019年は吉永健太朗、島孝明、園部聡の有望な才能を持った逸材たちが勇退を決める

2019/12/11(水) 18:10配信

高校野球ドットコム

 2019年度は阿部慎之助、福浦和也といった大打者も引退したが、有望な若手選手が引退を表明している。

【写真】日大三ユニフォームの吉永 健太朗

 まずその1人が吉永 健太朗(日大三出身)だろう。2011年夏の甲子園優勝投手となり、直後の第9回アジアAAA野球選手権では決勝戦の韓国戦では1失点完投勝利。アジア制覇に大きく貢献した。上半身、下半身が連動したバランスの良いフォームから繰り出す140キロ後半の速球、鋭く落ちるシンカーを投げ分けるピッチングはまさに世代ナンバーワンにふさわしいピッチングだった。その後、早大に進み、2年まで通算10勝を上げるが、その後は苦しみ、3年以降は1勝しか挙げられず、JR東日本へ。JR東日本に進んでも故障に苦しみ、ついに引退となった。プロ入りできず、引退を惜しむ声は非常に多い。

 2人目は島 孝明(東海大市原望洋出身)。名門・佐倉シニア出身の島は高2年で、常時140キロ台の速球を投げられる右腕へ成長し、3年生になると最速153キロに。島見たさに球場に多くの人が集まっていたのを覚えている。最後の夏は準々決勝で早川 隆久(木更津総合)と投げ合い、防御率0.00の快投を見せた。常時140キロ後半の速球、130キロを超える高速スライダーをコントロールよく投げ分けるピッチングは高校生投手の中でも抜きんでているものがあった。そしてU-18代表にも選ばれ、アジア選手権優勝に貢献した。

 地元球団・千葉ロッテから3位指名を受け、期待は高かった。しかしプロ入り後、イップスに苦しみ、3年目に150キロを投げられるまでに復活したが、戦力外通告。球団から育成契約を打診されたが、熟考の末、現役引退。大学進学を決めた。島は自身のSNSで「家族と話し合いをして、まだ21歳というのもありまして、次のキャリアをスタートさせるにはこのタイミングがベストだろうという考えに至りました」とつづっている。

 これほど才能溢れた投手が次のキャリアをスタートするのは相当な決断だったはず。これまでの野球人生で得た経験を次のキャリアで生かしてほしい。

 そして3人目は園部 聡(聖光学院出身)だ。高校時代は通算59本塁打を放つスラッガーとして注目され、U-18代表にも選ばれ、2013年のIBAF 18U ベースボールワールドカップ2013では主に5番ファーストとして出場し、準優勝を経験。木製バットへの対応力も高く、活躍を予感させた。しかしプロでは通算1本塁打にとどまり、2018年に戦力外。2019年から社会人野球・JX-ENEOSへ移籍し、日本選手権では7番ファーストで出場し、2試合連続安打を記録するが、勇退を決断した。

 この3人は高校日本代表にも選ばれたように技術の高さとスケールの大きさも秘めた選手たちで、取り組む姿勢もよく、プロで活躍できる素質を持った選手だった。

 この3人を見て、改めて第一線で活躍し続ける難しさ、常に成長し続ける難しさを実感する。

 これからの野球界はそういう選手をスポイルことなく大成はさせてほしいし、またぜひこの3人には今までの野球人生で得た経験を生かして、社会で活躍してほしい。

河嶋 宗一

最終更新:2019/12/11(水) 18:18
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ