ここから本文です

CLデビュー弾を決めてトップ契約を手にしたペレス「まさに夢のよう!」

2019/12/11(水) 11:55配信

SPORT.es

カルレス・ペレスは、FCバルセロナの選手として忘れられない夜を経験した。彼はインテル戦でチャンピオンズリーグ初出場を果たすと共に初ゴールを決め、これ以上ないデビューを飾った。

ファティが更新したCL最年少得点記録 トップ5にバルサ縁の2選手がランクイン

「チャンピオンズリーグでのデビューとゴールをとても嬉しく思う。まるで夢のようだ」とペレスは試合後に語っている。

「これがチャンピオンズリーグであり、このようなピッチでのゴールは本当に夢のようだ」と強調している。

試合については、「試合序盤、我々は少し苦しめられた。しかし少しずつ試合のリズムを掴み、ゴールを決めてからはより戦いやすくなった」と説明した。

■新たな契約
ペレスは後半にも2点目のチャンスを掴んだが、ルイス・スアレスとポジションが重なった事もあり、ものに出来なかった。しかし本人はあまり気にしていない。
「スアレスは確かにいいポジショニングだったが、大した問題はない」と述べている。

また、ペレスは最初の25分をプレーしたことで、トップチームの選手として契約するための条件をクリアした。
「何も変わらない。戦い続けるし、バルサでプレーできるこの瞬間を楽しみたい」と謙虚に答えている。

ペレスが主役だったのは間違いないが、アンス・ファティも出場から2分弱で決勝ゴールを決めた。
彼はファティについて、「我々が今経験していることは素晴らしいことだ。バルサは、ラ・マシア出身の生え抜きの選手を大切にしている。それは最も大切なことだ」と締めくくっている。

SPORT

最終更新:2019/12/11(水) 11:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事