ここから本文です

敵地ジュゼッペ・メアッツァを黙らせたファティが得点シーンを振り返る「今何をやったんだ?」

2019/12/11(水) 12:26配信

SPORT.es

アンス・ファティは17歳と40日でゴールを決め、CL史上最年少ゴール記録を塗り替えた。だが本人は、その記録を自覚していなかったようだ。

CLデビュー弾を決めてトップ契約を手にしたペレス「まさに夢のよう!」

「今そのことを言われたところだよ。僕はゴールとチームの勝利にとても満足している」と試合後に『Barca TV』で告白している。

「夢のようだ。あっという間に全てが過ぎていくけど、今は楽しみ続け、優れた選手達の元で学んでいく時だ」と楽しむ姿勢を強調した。

素直で自然体なアンス・ファティは、途中出場から2分足らずで決勝ゴールを奪った。このゴールは、決勝ラウンド進出には勝点3が必要だったインテルの希望を奪った。敵地ジュゼッペ・メアッツァは静寂に包まれた。この時の事をファティはこのように振り返っている。

「スアレスにパスを出し、再びボールを受けてゴールを決めた。あの時は驚いた。スタジアム中が静かになったからね。僕は思ったんだ。今、何をやったんだ?って。僕はゴールと勝利に満足しているよ」

「チャンスを与えられる度に、ゴールか最低限の貢献をしてチャンスを活かそうとしている」と語り、ひた向きな姿勢を貫いている。

SPORT

最終更新:2019/12/11(水) 12:26
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事