ここから本文です

入善町 庁舎を中央公園近くに移転・新築へ/富山

2019/12/11(水) 20:58配信

チューリップテレビ

 入善町の笹島町長は、新しい庁舎を、現在の庁舎からおよそ1キロ離れた、中央公園周辺に移転し建設する方針を示しました。

 これは、笹島町長が11日の町議会で明らかにしたもので、新しい庁舎を、町の総合体育館横の中央公園近くに建設する方針です。
 この建設予定地は、現在の庁舎とおよそ1キロ離れています。
 具体的な建設地点や建物の大きさはまだ決まっていませんが、移転と建て替えの費用は25億円から30億円近くかかるとしています。
 現在の庁舎は、建設から48年が経っていて、現在の耐震基準を満たしておらず、建物や設備も老朽化しています。
 新しい庁舎の建設を巡っては、有識者などによる会議や町民との懇談会などで議論が進められてきましたが、今回、中央公園周辺への移転を決めた理由として、入善町は、「災害時の応急復旧や被災者支援などの対応拠点として機能が総合的に発揮できる」としています。

チューリップテレビ

最終更新:2019/12/11(水) 20:58
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事