ここから本文です

きょうから年末の交通安全県民運動 「ながら運転」一斉取り締まり/富山

2019/12/11(水) 21:07配信

チューリップテレビ

 11日から「年末の交通安全県民運動」がスタートしました。

 今月から、スマートフォンなどを操作しながら車を運転するいわゆる「ながら運転」が厳罰化されたのに合わせ、11日は、県内各地で取締りが行われました。
 年末の交通安全県民運動初日の11日、午前10時から正午まで県内15の警察署管内で「ながら運転」の取締りが一斉に行われました。

 このうち、富山市草島の荻浦橋では、富山北警察署の警察官が、スマートフォンなどの画面を見ながら運転しているドライバーがいないか1台1台確認していました。
 県警によりますと、この一斉取締りで、県内では、20件の「ながら運転」が検挙されました。
 「ながら運転」の罰則は、携帯電話を使いながら普通車を運転した場合反則金は1万8千円、違反点数は3点となりいずれも改正前の3倍となっています。

 「厳罰化、年末運動をきっかけに自分の運転を見直し安全運転してほしい」(富山北警察署交通課長・舘盛珠樹警部)

チューリップテレビ

最終更新:2019/12/11(水) 21:07
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事