ここから本文です

オリックスが“メジャー282発”アダム・ジョーンズ外野手の獲得発表 年俸3億3000万円「早く神戸牛を食べたいな」とコメントも

2019/12/11(水) 15:04配信

中日スポーツ

 オリックスは11日、新外国人選手としてメジャー通算282本塁打のアダム・ジョーンズ外野手(34)の獲得を発表した。ジョーンズは今オフ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)となっていた。188センチ、97キロ、右投げ右打ち。今年は137試合に出場して、打率2割6分、16本塁打、67打点。今年の年俸は300万ドル(約3億3000万円)。背番号は「10」に決まった。

【写真】佐々木朗希の目標はでっかく…

 アダム・ジョーンズは球団に次のとおりコメントを寄せた。

 「今回の決断は私の野球人生、家族の人生においてもとても大きな決断でした。メジャーリーグは私にも私の家族にとっても素晴らしいものでした。2003年に契約した日から、今年の最終打席までとても充実した道のりでした。それはかけがえのない最高の12年と139日でした。その間、野球は私に素晴らしい日々を与え、内外面ともに素晴らしいものをつくりあげてくれ、間違いなく、たくさんのことを誇れる日々でした。そして今、私の人生の新しいチャプターへ進む時が訪れ、メジャーリーグにさよならを、日本プロ野球にこんにちは、を言う時が来たのです。オリックスバファローズが昔の強かった時代に戻るために私を必要としてくれ、私はその力になれるよう挑戦しようと決めたのです。オリックスはその証拠に、私が日本で長くプレーできるよう強い意志を示してくれました。家族も私も、人生の新しいチャプターに進むことにとてもワクワクしており、全力で楽しみたいと思います。友人、仲間、そして一番大切なメジャーリーグ時代のファンの方々、寂しくなりますが、確実にまたどこかで会えることと信じています。追伸、早く神戸牛を食べたいな」

最終更新:2019/12/11(水) 15:04
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事