ここから本文です

名手スミヨンを唸らせた デイリー杯覇者のレッドベルジュールが無傷3連勝で2歳王者へ

2019/12/11(水) 18:17配信

中日スポーツ

◇15日 第71回朝日杯FS(G1・阪神・芝1600メートル)

 馬体の厚みに名手がうなった。新馬、デイリー杯2歳Sとデビュー2連勝のレッドベルジュールは、スミヨンが初騎乗して追われた。「調教師の指示通りに乗りましたが、そんなに乗るのが難しい馬ではないですね。指示通りの動きをしてくれましたし、文句はないです」とスミヨン。併走相手のディープサドラーズ(3歳1勝クラス)を追走し、直線に入っても鞍上に促されるシーンはなく馬が自然と反応して並び掛けた。最後は突き抜けそうな手応えを残しながら、無理せず同入。5F69秒5―36秒9―11秒8の時計も評価できる。

 見守った藤原英師も納得の笑みを浮かべた。「動きは悪くなかった。馬はある程度できているし、スミヨンに気持ち良く乗ってもらった。夏場を使って、(間隔をあけて)成長してくれたし、今回はちょっと絞れるかな」と休み明けの前走を叩いた効果を見込んだ。

 阪神コースは新馬勝ちした舞台。「条件がそろえば勝ち負けできると思う」と指揮官が戴冠を見据えれば、スミヨンも「重賞を勝っている馬ですからね。いい印象がある」と期待を寄せた。無傷3連勝で2歳王者へ。フランス語で「美しい日」を意味するベルジュールが、まぶしい朝日を輝かせる。

最終更新:2019/12/11(水) 22:37
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事