ここから本文です

ふとしたきっかけで「ギズギズ」した関係に!?「ママ友交流」程よい距離感とは

2019/12/11(水) 10:45配信

LIMO

子供たちの交流によって付き合いが始まるママ友関係。時に情報交換をしたり時に悩みを相談したりするなど、うまくいっているときは大変心強い存在です。

しかし、その距離感を誤ると悩みの種になるのも特徴です。「自分はうまくいっている方」と思っていても、ふとしたきっかけでギスギスしてしまった、なんてこともあるようです。

女性が集まると仕方ない?

幼稚園や児童館で知り合った同じ年頃の子をママたち。家が近かったり子供の悩みが似ていたりなど共通の話題も豊富なので、急速に距離を縮めることが多いようです。

しかし、その輪が大きくなってくると、トラブルが生まれるのもまた常。お友達全員の都合が合う場合ばかりではなく、偶然が重なるなどちょっとしたことがきっかけで疎外感を抱いてしまうママでてくる、など女性特有の悩みが付いてまわります。

一番よく聞くのが「我が家以外のみんなで遊んだらしい」というお悩みです。子供は実に無邪気にあったことを周囲に話します。また、それを聞いた子供も同様に親へと伝えるため、大人たちが気を付けていても情報が漏れることがよくあります。

誘われなかった=嫌われたことになる?

「我が家はリビングがそんなに広くありません。私たちのグループは4家族で仲がいいのですが、下の子を入れると全部で12人になってしまうため、集まりたくてもなかなかみんなに声をかけられないのが現実です。

そのため、子供が今から遊びたい! となったときにたまたま側にいたお友達か、家が一番近いお友達を呼ぶパターンがよくあります。とはいえ、あまりにもその3軒ばかりで遊んでいると、4家族で会ったときに子供たちが話題に出し、気を悪くさせてしまうのではないかとも思うので『家が狭くてなかなかみんなで集合できなくてごめんね』ということを小出しに伝えてはいるのですが…」

このように必ずしも、呼ばれにくい=嫌な人と思われている、というわけではないようです。場合は圧倒的に多いのが「子供同士の遊び方が違う」「下の子の性別が違ったりお兄ちゃんがその子だけいたりする」といった理由で声がかからないパターン。とはいえ、人によっては仲の良い友達と思っていたのに自分だけはじかれたと感じてしまうことも多いので、その結果、両者にすれ違いが生じているようです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事