ここから本文です

忘年会シーズンの救世主?日本のライドシェアアプリ「CREW」活用法

2019/12/11(水) 19:45配信

LIMO

年末は忘年会などで帰りが遅くなることもしばしば。
お酒を飲んでしまうと電車で帰るのが億劫になるという方も多いかと思います。
筆者もついついタクシーを利用してしまいますが、交通費の出費が多くなってしまいますよね。

そんなタクシー代を節約できるアプリとして最近注目されているのが「ライドシェア」と呼ばれるサービスに分類される『CREW』というアプリです。

聞いたことがないという方も多いかと思いますので、CREWの概要と使い方、実際に使ってみた感想を紹介していきたいと思います。

ライドシェアアプリ『CREW』の概要

ライドシェアアプリCREWは「近くを走る誰かのクルマをスマホで呼べる、スマート送迎アプリ」をキャッチフレーズにサービスを展開しています。

利用可能エリアは東京都内の一部地域(新宿、渋谷、目黒、品川、六本木、銀座、秋葉原等)で、利用時間もPM8:00 - AM3:00と限られています。

一般のタクシーとは異なり、一定の審査を通過した「パートナー」と呼ばれるドライバーのマイカーに乗ることになります。筆者が実際に利用したときはBMWの7シリーズやSUBARUのWRX、トヨタ アルファードといった一般のタクシーとは違った車に乗ることができました。

このサービスはドライバーの「乗せたい」という気持ちと利用者(ライダー)の「乗りたい」という気持ちがマッチングすると成立するサービスです。

アプリ上で利用者が「乗る場所と行きたい場所」を設定すると、近隣のドライバーへ通知が行きます。その通知を見たドライバーが承諾すればマッチング成立といった感じで簡単に利用することができます。

日本国内ではあまり認知されていませんが、アメリカのライドシェアサービスの『Uber』や『Lyft』と利用イメージが似ています。海外で利用したことがある方ならイメージがしやすいかと思います。

タクシーとは似て非なるサービス

CREWは利用するにあたり費用がかかります。
その費用の内訳は「移動にかかった実費(乗った車のガソリン代)とシステム使用料金(運営に支払う手数料)、そして乗せてもらったドライバーへの謝礼(感謝の気持ち)」となります。

CREWのサービスはあくまでもタクシーとは異なりますから、ドライバーから報酬を要求されることはありません。報酬を要求すると法令上の「運送の対価(=運賃)」ということになりますのでタクシーと同じ扱いになります。

CREWのサービスは「移動のシェアリング」が目的ですから、利用者がドライバーと過ごしたわずかな時間に喜びを感じられれば感謝の気持ちとして謝礼を渡すということになります。

もちろん謝礼は強制ではありませんから「0円」ということもOKと公式でアナウンスされています。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 19:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事