ここから本文です

中国の国家ブロックチェーンコンソーシアム、テンセントのウィーバンクがインフラ提供へ

2019/12/11(水) 11:30配信

CoinDesk Japan

小規模企業や個人向けにローンを扱うデジタル銀行ウィーバンク(WeBank)は、中国の国家ブロックチェーンネットワーク向けに技術インフラを提供する初の企業となった。

中国国営メディアの報道によれば、深センに拠点を置く同社は、ブロックチェーンベース・サービス・ネットワーク(Blockchain-Based Service Network:BSN)に、特許取得済みの自社コンソーシアムチェーンFISCO BCOSを提供する。

同社声明によると、同コンソーシアムチェーンは単独のブロックチェーンではなく、一般向けのブロックチェーンアプリケーション群である。

先週ローンチされたBSNの14のメンバーからなるコンソーシアムは、個々の知識と技術を利用してネットワーク内でブロックチェーンベースのアプリケーションを開発、運用する。

コンソーシアムのメンバーには、ウィーバンクの他に、フォビ・チャイナ(Huobi China)、国家情報センター(State Information Center)、そして国営テック企業大手の中国銀聯(China UnionPay)、中国移動通信(China Mobile)、中国電信(China Telecom)が含まれる。

2014年創業のウィーバンクは、中国証券監督管理委員会が免許を与えた初のインターネットバンクであり、その後ブロックチェーンベースのサービスへも事業を拡大した。

ウィーバンクは、立業集團(Liye Group)や百業源投資(Baiyeyuan)などの有名な中国企業から出資を受け、最大の株主は30%を保有するテンセント(Tenscent)である。

今回の発表は、情報通信やエネルギー管理など、国中の国家管理下にある様々な公共サービスに活用するために国家規模のブロックチェーンネットワークを構築しようとする中国政府の最新の取り組みとなる。

BSNプロジェクトは中国にある25の都市、香港およびシンガポールで試験された。報道によれば、2020年までには、200を超える都市で試験が行われる予定だ。

翻訳:山口晶子 | 編集:T.Minamoto | 写真:Shutterstock  | 原文:Tencent’s WeBank to Provide Infrastructure for China’s National Blockchain Consortium

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:2019/12/11(水) 11:30
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ