ここから本文です

「いつかはアルファード?」 大型で高価なミニバンが売れ続ける理由とは

2019/12/11(水) 16:10配信

くるまのニュース

高級ミニバン「アルファード」なぜ売れる?

 国内の新車市場では、軽自動車を除くと「コンパクト」、「エコ(ハイブリッド)」、「エントリー価格が100万円から200万円台」という要素を持っているクルマが販売台数の上位にランクインしています。

 そのなかで、トヨタ「アルファード」は、ラージサイズミニバンでエントリーモデルが300万円台と、売れる要素を満たしていないものでも、売れ筋上位に位置しています。なぜ、高級ミニバンのアルファードは、これほどまでに人気なのでしょうか。

【画像】これは過激すぎ!? ド派手でもバカ売れの高級ミニバン(26枚)

 アルファードは、初代モデルの発売開始から2019年で17年を迎え、いまや国内における高級ミニバンの地位を確立しています。

 2019年11月の登録車販売台数におけるミニバンジャンルでは、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」といったコンパクトかつ100万円台から設定されている車種に次いで、アルファードがランクイン。

 アルファードは、標準仕様/カスタム仕様やガソリン車/ハイブリッド車、7人乗り/8人乗りなど、多彩なモデルをラインナップしています。

 対して、競合ミニバンも同様に、標準仕様/カスタム仕様やガソリン車/ハイブリッド車を設定しているほか また、アルファードの車両価格(消費税込)は、343万8600円から764万1700円となり、ミニバンとしては高額なモデルです。

 では、似たような設定やアルファードより手に入れやすい価格帯のミニバンよりも売れている理由とは、どのようなものなのでしょうか。

 好調な販売の理由について、トヨタの販売店スタッフは次のように説明します。

「アルファードの外観デザインは、フロントにメッキ加飾を施し、水平基調とするデザインになっています。

 このようなデザインが、20代から40代と幅広いユーザーに好評です。また、クルマのデザインに個性を求める人もいますので、そのようなニーズにもマッチしているのだと思います。

 また、波はあるものの、依然としてミニバン市場の人気は高いです。そうすると、街中には自分と同じクルマを多く見かけることになります。そのなかで、個性を出すにはアルファードや兄弟車の『ヴェルファイア』のようなエッジの立ったものが好まれるのです」

 また、別の販売店スタッフは次のように話します。

「アルファードは、かつての『クラウン』と同じくいまでは憧れのような存在になっています。最近では、街中でアルファードを見かけると気にする人もいるといい、まさに『いつかは、アルファード』という現象が起きているのかもしれません」

※ ※ ※

 アルファードは、これまで多人数で移動することがおもな目的だったミニバンに、高級感という価値を加えて独自の立ち位置を確立したモデルなのです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 20:07
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事