ここから本文です

オリックスがアダム・ジョーンズを獲得!球宴5回出場のスーパースター

2019/12/11(水) 12:08配信

ベースボールキング

◆ 2017年・第4回WBCの優勝メンバー

 オリックスは11日、アダム・ジョーンズ外野手と来季の契約を結ぶことで合意したことを発表した。

☆プロ野球・年俸ランキング2020【TOP50】

 ジョーンズはアメリカ出身・1985年生まれの34歳。走攻守すべてに優れた「5ツールプレイヤー」の代表格として知られた選手で、2008年にボルチモア・オリオールズへ移籍するとその才能が開花。オールスターにも5回出場を果たし、ゴールドグラブ賞も4回獲得。2013年にはシルバースラッガー賞も受賞している。

 WBCにもアメリカ代表として2度出場しており、2017年の第4回大会ではチームの大会初制覇に貢献。アメリカ球界を代表するスーパースターとして2010年代を駆け抜けた。

 ボルチモアで数々の功績を残した後、今季はダイヤモンドバックスへと移籍。今季もメジャーで137試合に出場していて、打率.260に16本塁打、67打点とまだまだ現役バリバリ。守備面も今年はセンターではなくライトがメインになったが、130試合で守備に就いている。

 メジャー通算の成績は1823試合の出場で打率.277、282本塁打で945打点。1939本の安打を記録しており、近年日本にやってきたあらゆる助っ人と比較しても、実績的にはNo.1と言えるだろう。


 オリックスのチーム事情を見ても、レギュラークラスは左打ちの選手が多く、特に外野手は左に偏っている印象を受ける。それだけに、「右の強打者」・「右の外野手」という課題を解消するためには、まさにうってつけの存在だ。

 最下位からの逆襲へ、ジョーンズが打線の起爆剤となるか。来季のオリックスからますます目が離せない。


▼ アダム・ジョーンズ 背番号:10
ポジション:外野手
投打:右投右打
身長/体重:188センチ/98キロ
生年月日:1985年8月1日(34歳)
[今季成績] 137試 率.260(485-126) 本16 点67
[通算成績] 1823試 率.277(7009-1939) 本282 点945

BASEBALL KING

最終更新:2019/12/11(水) 12:23
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事