ここから本文です

Official髭男dismの藤原聡がワイルドな“猫”に!『キャッツ』日本語吹替えキャストに決定

2019/12/11(水) 6:00配信

Movie Walker

世界中で愛され続ける名作ミュージカルを実写映画化した『キャッツ』が、1月24日(金)より公開。このたび、キャッツ界一のワイルドな猫“ラム・タム・タガー”の日本語吹替えキャストに、人気バンドOfficial髭男dismの藤原聡が決定した。

【写真を見る】Official髭男dismの藤原が、日本語吹替えに初挑戦!

全世界累計観客動員数8100万人を記録するミュージカルの金字塔「キャッツ」。遂に実写映画化となる本作では、『レ・ミゼラブル』(12)のトム・フーパーがメガホンをとり、スティーヴン・スピルバーグとオリジナルの作曲を手掛けるアンドリュー・ロイド=ウェバーらが製作総指揮に名を連ね、多彩なジャンルから選び抜かれたキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる。

日本を含め世界で2か国のみが許可されたという日本語吹替版には、主人公のヴィクトリア役に女優の葵わかな、猫たちのリーダーであるマンカストラップ役に俳優の山崎育三郎、名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役に歌手の高橋あず美、ふとっちょで紳士的なバストファージョーンズ役にお笑い芸人のロバート・秋山竜次、マジックが得意で気弱なミストフェリーズ役に俳優で歌手の森崎ウィン、働きもので鉄道をこよなく愛するスキンブルシャンクス役に俳優でダンサーの大貫勇輔、そして猫たちの偉大な長老オールドデュトロノミー役に女優の大竹しのぶが決定し、日本語吹替版音楽プロデュースを蔦谷好位置が担当する。

そしてこのたび、オリジナル版で歌手のジェイソン・デルーロが演じる、美声とダンスで虜にするワイルドな猫ラム・タム・タガー役に、幅広い世代に支持されているOfficial髭男dismのボーカル&ピアノを担当する藤原聡が決定。

今年の紅白歌合戦初出場も決定するなど注目を集めるOfficial髭男dismだが、藤原の映画出演は本作が初。そんな藤原は、「歌わせてもらえる、ということがとても嬉しかったです。セリフは初めての経験で不安もありましたが、とても楽しそうだなと思い、僕で良かったらと、参加させていただきました」と喜びのコメント。アフレコ現場では、「ジェイソン・デルーロの持ち味を取り込んだ上でアウトプットするのが、最初はすごく難しかった」と明かしつつ、「滑舌や発音をしっかりと指導していただいたのは、とても勉強になりました。別の角度から“歌”というものを知る事が出来たような気がします」と今回得た経験について吐露。

自由奔放でワイルドなラム・タム・タガー役を藤原がどう演じるのか。公開へ向けてますます期待が高まる!

<コメント>

●藤原聡(Official髭男dism)

歌わせてもらえる、ということがとても嬉しかったです。セリフは初めての経験で不安もありましたが、とても楽しそうだなと思い、僕で良かったらと、参加させていただきました。

(アフレコ収録は)ジェイソン・デルーロの歌の持ち味を取り込んだ上でアウトプットするのが、最初はすごく難しかったです。でも、一緒に作って下さった収録スタッフの皆さんのおかげで、自分なりに、表情豊かに歌うことができたんじゃないかなと思います。

「ここでジェイソン・デルーロがこういう口の動きをしているから、このタイミングで歌おう、こういうふうに歌うんだ」など、画との整合性を意識して歌うのが新鮮でした。そして、滑舌や発音をしっかりと指導していただいたのは、とても勉強になりました。別の角度から“歌”というものを知る事が出来たような気がします。映画の中で生き生きとしているキャラクター達を見ていると、もう“キャッツ派”にならざるを得ないですよね!そんな素敵な映画になっていると僕は思っています。(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

最終更新:2019/12/11(水) 6:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事