ここから本文です

2020年用F1新タイヤを全チームが拒否。投票の結果、2019年型の継続が決定

2019/12/11(水) 7:41配信

オートスポーツweb

 FIAとF1タイヤサプライヤーのピレリは、2020年シーズンのタイヤの仕様について投票を行った結果、2019年の仕様を来年も引き続き使用することが決定したと発表した。

2019年アブダビF1タイヤテストに参加したピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

 ピレリは2019年シーズンを通して各チームの協力のもとで開発テストを行った後、第19戦アメリカGPのFP1で全チームに2020年用プロトタイプタイヤをテストする機会を提供した。その結果、2019年型タイヤの継続を望む声が多く、最終戦直後のタイヤテストの後、2020年に向けてどちらのタイヤを選ぶかの投票が行われることになった。

 アブダビでは全10チームが2019年のタイヤと2020年用に開発されたタイヤの比較を行った。その後、投票が行われ、全会一致で2019年タイヤが選ばれたことが、12月10日に発表された。

 この決断に至る要因をピレリはいくつか挙げている。2019年タイヤを維持すれば、チームは2020年型マシンを2020年のコンストラクションに合わせてモディファイする必要がなくなるというのがひとつの理由だ。2020年型マシンの開発はかなり進行した段階にあり、タイヤの変更がなければチームはそれを予定どおり継続することができる。

 2021年にはF1レギュレーションが大幅に変更される予定となっている。現規則での最後のシーズンとなる2020年にタイヤが変わらないことは、チームにとってメリットになるともピレリは認めた。

 ピレリは、2020年向けのコンストラクションに用いた新たなソリューションを、2021年に導入する18インチタイヤの開発に役立てると述べている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/11(水) 7:41
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事