ここから本文です

マクラーレン躍進に貢献した空力部門責任者がハースF1に移籍か

2019/12/11(水) 14:38配信

オートスポーツweb

 2019年のコンストラクターズ選手権を4位で終えたマクラーレンは、2012年の3位獲得以来最も成果を挙げたシーズンとなった。

F1第21戦アブダビGP レース後、パルクフェルメにとめられたシャルル・ルクレールのフェラーリSF90

 チームの成功の一部は、空力部門責任者であるギヨーム・カテラーニに負うところが大きい。しかし現在の彼は、マクラーレンを離れて他のチームで仕事をするため、“ガーデニング休暇”に入っている。

 カテラーニは現在のルノーであるロータスチームから、2014年にマクラーレンに加入した。カテラーニはローラでキャリアを始めた後、2006年から2012年までプジョーのル・マン・プロジェクトの空力責任者を務めた。

 カテラーニは、2019年を通して競争力のあるマシンを仕上げることに苦戦したハースに移籍すると噂されているが、ハース、マクラーレン双方ともコメントを発表していない。

 もしカテラーニがハース、もしくは他のF1チームに移籍する場合、彼はガーデニング休暇の期限が終わる約6カ月先まで待たなければならない。カテラーニが2020年のマシンに影響を与えることはあまりなさそうだが、新レギュレーション導入により、徹底的に異なる2021年仕様のマシンのデザインには着手できるだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/11(水) 14:38
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事