ここから本文です

スーパーGT&スーパー耐久戦ったX Works、2020年のGTワールドチャレンジ・アジアへフル参戦

2019/12/11(水) 19:14配信

オートスポーツweb

 2019年のスーパーGT GT300クラスにエヴァRT初号機 X Works GT-Rとして、ピレリスーパー耐久にはX WORKS R8として参戦したX Worksが、2020年のGTワールドチャレンジ・アジア(旧ブランパンGTワールドチャレンジ・アジア)へフル参戦すると発表した。

 GTワールドチャレンジ・アジアは、ブランパンGTシリーズを運営するSROモータースポーツグループが手掛けるアジア地域シリーズ。2020年に向けては冠スポンサーのブランパンが外れるため、シリーズ名称が変更される。

 2019年のGT300をエヴァンゲリオンカラーのニッサンGT-RニスモGT3で戦ったX Worksは香港に拠点を構えるレーシングチームで、スーパーGT参戦前はブランパンGTアジアなどへ積極的に参戦していた。アジアのGT3チームとしてはトップレベルと言える存在だ。

 2019年はGT300のほか、スーパー耐久ST-XクラスにはアウディR8 LMS GT3で参戦し、スーパー耐久第5戦もてぎで総合優勝も飾っている。

 チームはここ数年、日本での活動に軸足を置いており、2019年のアジア圏におけるレース活動はブランパンGTワールドチャレンジ・アジア富士大会へのスポット参戦に留まっていた。迎える2020年シーズンに向けては「日本で活動するための下地は整った」として、GTワールドチャレンジ・アジアへのフル参戦を再開する。

 今回発表された参戦体制では、スーパー耐久を戦ったフィリップ・タンがエボモデルにあたる最新型アウディRS3 LMS GT3をドライブすることだけが明かされた。タンとコンビを組む第2ドライバーについては発表されていない。

 またチームは2020年3月28~29日の開幕戦マレーシアまでに、2台目のマシンを投入する可能性もあるとしている。

 X Worksでモータースポーツプログラムマネージャーを務めるロン・ライヘルトは「GTワールドチャレンジ・アジアへのフル参戦を再開できることをうれしく思う。チームはシリーズ発足以来、毎年必ず参戦を続けてきた」と語っている。

「ここ数年、我々は日本での活動に注力してきたが、日本で戦うための下地は整った。これにより、2020年からアジア地域におけるGTプログラムをうまく組み合わせることができる」

「フィリップとは、スーパー耐久第5戦もてぎで優勝を飾るなど、ともに素晴らしい成績を収めてきた。そんな彼と一緒に戦えることをうれしく思う」


[オートスポーツweb ]

最終更新:2019/12/11(水) 19:14
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事