ここから本文です

打った瞬間スタンドイン! 今季最も速かったのは? 弾丸ライナートップ5をパ・リーグTVが公開

2019/12/11(水) 7:15配信

Full-Count

5位は西武山川、4位はオリックス杉本…1位の速さはなんと3秒1

「パーソル パ・リーグTV」は9日、カシオ「GSHOCK」とのコラボによる「弾丸ライナートップ5」動画を公開した。今季トップ5の速度でスタンドインした打球に加えて、珍しい“計測不能”な弾丸を放った選手も紹介されている。

【動画】速すぎて観客も“ぽかーん”…「パーソル パ・リーグTV」が公開した山川、中村、中田らの弾丸ライナー動画

 5位に入ったのは西武の山川穂高内野手。高めの球にフルスイングし、わずか3秒55で左翼席に到達。そんな山川よりも早かったのが4位のオリックス杉本裕太郎外野手。今季プロ入り4年目の杉本はシーズンで4本塁打を放ったが、そのうちの1本は3秒40で左翼席に到達した。

 3位は西武の中村剛也内野手。ソフトバンク松田遼から放った打球は3秒31で左翼ポールに激突。2位はソフトバンク上林誠知外野手で、3秒29で西武増田のボールを右翼席に運んだ。そして滞空時間最短だったのは楽天ジャバリ・ブラッシュ外野手。たった3秒1で左翼ポールに激突し、あまりの速さに観客もあっけにとられていた。

 さらに番外編として挙がったのは日本ハム中田翔内野手。打った打球はスピードを持って高く上がったが、一向にスタンドに入る気配はなし。それもそのはず、高く上がりすぎた打球は京セラドームの屋根裏に入り込んでしまった様子で、中田も困ったような表情を浮かべていた。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/11(水) 7:15
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事