ここから本文です

オリと交渉のMLB通算282発ジョーンズ、自身の去就に思い語る「ユニークな機会が目の前に」

2019/12/11(水) 8:59配信

Full-Count

ジョーンズはMLBネットワークに出演して心境を語った

 オリックスと入団交渉しているアダム・ジョーンズ外野手がMLBネットワークに出演して心境を語った。米テレビ局「MASNスポーツ」の記者スティーブ・マレウスキー氏がツイッターで同外野手の発言を伝えている。

【動画】2017年WBCではアメリカの初優勝に貢献! オリックスとの契約間近と報じられたアダム・ジョーンズが魅せた伝説の本塁打キャッチの実際の映像

 マレウスキー氏は「MLBネットワークに出演したアダム・ジョーンズが日本でプレーする可能性について」として、ジョーンズの発言を紹介。ジョーンズは「あらゆる選択肢を排除していない。これまでとは異なる経験をするユニークな機会が僕の目の前にある。家族や親しい友人たちと相談しているよ…簡単な決断ではないから」と話したという。

 34歳のジョーンズはメジャー通算14年間で通算1939安打(MLB現役9位)、282本塁打(MLB現役16位)をマーク。今季はダイヤモンドバックスでプレーし、137試合出場、打率.260、16本塁打、67打点を記録した。大物メジャーリーガーがどんな決断をするか、注目される。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/11(水) 9:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事