ここから本文です

パウエルFRB議長「三度目の正直」なるか-米経済の軟着陸達成で

2019/12/11(水) 7:44配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米経済のソフトランディング(軟着陸)を目指すパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長にとって、今度こそ「三度目の正直」となりそうだ。

それというのも、今年に入って5月初めと7月終わりの2回にわたり、もう少しで軟着陸に成功するかに見えたところで、いずれの機会もトランプ米大統領が通商対立の悪化を招き、実現に至らなかったためだ。8月にはあまりにも事態が深刻化したため、影響を見極めようとパウエル議長は休暇取得を1日遅らせたほどだ。

来年2月初めに就任3年目に入るパウエル議長は、米経済と金融政策が良好な状況にあり、過去最長を更新中の景気拡大を持続させることができると、再び自信を強めているように見受けられる。

こうした満足感を反映する形で、パウエル議長率いる米金融当局者は10、11両日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを決める見通しだ。当局者はさらに、トランプ大統領が15日に予定されている中国からの輸入品への追加関税引き上げに踏み切ることがないよう祈っているものと考えられる。

1994-96年にFRB副議長を務めた経歴を持ち、現在は米プリンストン大学教授のアラン・ブラインダー氏は「まだ確定的ではないが、ソフトランディング達成が濃厚になっている様子だ」との見方を示した。

ブルームバーグのエコノミストが開発したリセッション(景気後退)の可能性を示すモデルでは、向こう1年間のリセッション入り確率は約25%と、1年前の約50%から低下した。昨年12月には同年4回目となる利上げが行われ、金融市場には深刻な動揺が広がっていた。

元FRB副議長で現在はブルッキングズ研究所シニアフェローのドナルド・コーン氏は米金融当局について、「2018年終盤については、状況の変化を認識するのがやや遅れたと言える」としつつも、パウエル議長は利上げ休止のシグナルを発して「数週間のうちに修正」を図ったと指摘した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 7:44
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事