ここから本文です

ドル・円は108円後半、重要イベント控え小動き―世論調査でポンド下落

2019/12/11(水) 12:14配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=108円台後半で小動き。米国による15日の対中関税第4弾発動ときょうの米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がった。英総選挙の最新世論調査で保守党のリードが縮小したことからポンド・ドル相場は下落。

市場関係者の見方

バークレイズ証券の門田真一郎チーフ為替ストラテジスト

モルガン・スタンレーMUFG証券債券統括本部の加藤昭エグゼクティブディレクター

背景

(c)2019 Bloomberg L.P.

Shigeki Nozawa

最終更新:2019/12/11(水) 15:47
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事