ここから本文です

ダイヤモンド価格下落、業界を圧迫-デビアスは採掘拡大計画を縮小

2019/12/11(水) 14:15配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 英アングロ・アメリカンが今後2年のダイヤモンド採掘拡大計画を縮小した。今年の販売が低迷し、業界全体は危機的な状況にある。天然ダイヤの供給過剰が業界を圧迫している。

同社が10日に行った投資家向けのプレゼンテーションによれば、デビアス部門は2020、21両年のダイヤ採掘量を従来予測からいずれも100万カラット引き下げた。ダイヤ価格の下落に伴い利益率が低下し、デビアスとロシアの同業アルロサからダイヤを買い入れているトレーダーの一部は損失を被っている。

デビアスは今年1-11月の売上高が前年同期と比べ12億ドル(約1300億円)余り減少したと報告。先月には全面的に約5%の値下げを実施した。それでもデビアスによる来年のダイヤ採掘量は最大3400万カラットと、今年の3100万カラットから増える見通しだ。

原題:Anglo American Cuts Diamond-Mining Targets After Sales Slump (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Thomas Biesheuvel

最終更新:2019/12/11(水) 14:15
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事