ここから本文です

“別次元の2人”にお手上げ…S・ラモス「彼らだけのバロンドールを作ればいい」

2019/12/11(水) 9:48配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがバロンドールに関して“ある提案”をした。スペイン『マルカ』が報じている。

 バロンドールは昨年、レアルのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞するまで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の独占状態が続いていた。

 今年はリバプールをUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇に導いたオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクが有力候補に挙がっていたが、結果的にメッシが選ばれ、最多6度目の受賞を果たした。

 30歳を超えてベテランの域に入っているが、衰えを見せずに激しいバロンドール争いを繰り広げているメッシとC・ロナウド。これに対してS・ラモスは、『TUDN』のインタビューで「クリスティアーノとメッシの2人だけのバロンドールを作ればいい」と衝撃の提案をした。

「そうしたら、残りの選手のために別のものができる可能性があるね。結局、それがフットボールのために良いと思うよ」と冗談交じりに語ったS・ラモス。別次元で活躍を続ける2人にお手上げのようだ。

最終更新:2019/12/11(水) 9:50
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事