ここから本文です

ジョンソン氏阻止へ空前の「戦術的投票」も-起死回生狙うEU残留派

2019/12/11(水) 15:10配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ブレア英労働党政権で報道官を務め、首相官邸のメディア戦略を担当したアリステア・キャンベル氏が12日の下院選投票日に向け、ライバルの自由民主党候補を支持するよう有権者に呼び掛けた。欧州連合(EU)離脱を阻止するのが狙いだ。

ロンドンの約40マイル(約64キロ)西にあるウォーキンガムでは、EU離脱推進派のジョン・レッドウッド議員と最大野党・労働党、自民党が議席を争う。キャンベル氏は選挙区の有権者に配布したリーフレットで、「労働党に投票すれば保守党を利するだけだ。われわれ全員が党派への忠誠心を脇に置く必要がある。今回は危険があまりにも大きい」と訴えた。

ジョンソン首相率いる与党保守党は各種世論調査でリードし、EU離脱実現に必要な過半数を下院で獲得する勢いだ。首相を阻止するため、EU残留派はかつてない規模で戦術的投票を促す働き掛けを強いられる。それぞれの選挙区で長年支持してきた候補ではなく、離脱推進派の議員に勝てる可能性が最も高い候補に投票するよう有権者を説得することが課題になる。

コービン党首率いる労働党と、スウィンソン党首の自民党との間で、親EUの有権者の票が割れることが、離脱反対派にとって厄介な問題だ。離脱阻止で立場を異にする両党は、いずれも候補者を一本化する調整に前向きでなかった。ナイジェル・ファラージュ氏率いる「ブレグジット党」が300余りの選挙区で候補者擁立をやめ、離脱推進派の結集に何とか成功したジョンソン首相と明暗が分かれる。

EU支持派に戦術的投票を助言するウェブサイトを設立した離脱反対キャンペーン団体「ベスト・フォー・ブリテン」のナオミ・スミス最高経営責任者(CEO)は「コービン氏とスウィンソン氏が協力できない状況は、残留を支持する有権者が自分たちのために自分たちの目的を果たさなければならないことを意味している」と述べた。

原題:The Voting Tactics That Could Cost Boris Johnson His Majority(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Greg Ritchie, Jess Shankleman, Kitty Donaldson

最終更新:2019/12/11(水) 15:10
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事