ここから本文です

ウィーワーク、今年取得したオフィス管理会社売却で交渉中-関係者

2019/12/11(水) 23:17配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): シェアオフィス事業を展開する米ウィーワークは、オフィス環境の管理サービスを提供するマネージド・バイ・キューの売却を協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。ウィーワークは8カ月前に同社を取得したばかりだが、売却で資金を確保し、中核事業に再び焦点を合わせる態勢を整える。

交渉が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、マネージドの共同創業者で元会長のダン・テラン氏を含む複数の幹部や投資家がウィーワークからの買い戻しを試みている。交渉は進展を見せており、ウィーワークは解決策を見いだすことに前向きだという。

ウィーワークにコメントを求めて電子メールを送ったが、まだ返答は得られていない。

交渉に上っている取引額については確認できていない。テッククランチがピッチブックのデータを引用して報じたところによると、マネージドが1月に資金調達した際には2億4900万ドル(約270億円)と評価された。

原題:WeWork Said to Be in Talks to Sell Managed by Q (2)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Alistair Barr, Ellen Huet

最終更新:2019/12/11(水) 23:17
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事