ここから本文です

アニメファンが選ぶ2019年“今年の漢字”は? 「銀」「滅」を抑えたトップは…

2019/12/12(木) 7:15配信

アニメ!アニメ!

2019年も残すところ、約1か月となりました。

毎年12月に京都の清水寺で発表される「今年の漢字」は、毎年恒例の行事として賑わいを見せます。ちなみに昨年の漢字は日本各地で自然災害が発生したことから「災」となっています。今年は一体どの漢字が選ばれるのでしょうか。

【フォト】上位ランクインした作品のビジュアル

そこでアニメ!アニメ!では昨年に引き続き、今年も「アニメファンが選ぶ2019年『今年の漢字』は?」と題したアンケートを実施しました。11月25日から12月2日までのアンケート期間中に152人から回答を得ました。
男女比は男性約45パーセント、女性約55パーセントとほぼ同数。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。


■「鬼」がトップ! 『鬼滅の刃』が席巻した1年に
1位は「鬼」。支持率は約15パーセントでした。
「鬼」は2019年4月から9月にかけて放送された『鬼滅の刃』から取られた漢字です。読者からは「2019年は『鬼滅の刃』が熱かった。今年一番のアニメと言っても過言ではないと思います」というコメントが届いています。ヒロイン役は鬼頭明里さんが演じていることから「鬼」の漢字を選んだ読者も多かったです。
そのほかにも「『ナカノヒトゲノム【実況中】』の鬼ヶ崎カイコクというキャラクターが好きだから」や「個人的な理由としては『鬼灯の冷徹』に大ハマりしたから」と様々なタイトルを理由に挙げたコメントもありました。


2位は「銀」と「滅」が同票。支持率は約5パーセントでした。
「銀」は人気シリーズの『銀魂』から。「『銀魂』の原作終了が今年一番の衝撃だったから」と、マンガが完結したことはアニメファンにとっても大きなインパクトでした。新作劇場版の制作も決定しており、こちらも要注目です。


「滅」は1位と同じく『鬼滅の刃』から。劇中の鬼殺隊の服には、背中に“滅”の文字が描かれています。本作も2020年には劇場版『無限列車編』が公開予定。続編が気になるタイトルの漢字が上位に輝きました。


■そのほかのコメントを紹介!!
「再」は「『アイカツオンパレード!』をはじめ、再会した作品やキャラクターが多かったから」や「アニメの2期、3期などが熱かったから」。
「音」は「音楽系のアニメが多かった気がするから」や「『この音とまれ!』が好きだから」。
「松」は「『えいがのおそ松さん』が公開されて劇場に何十回も通ったから」。


「祈」は「今年は悲しい事件がありましたが、いつかまた素晴らしい作品で楽しませていただけるように、ただただ祈るばかりです」と、作品や出来事に関連したさまざまな言葉が選ばれました。

その中でも『鬼滅の刃』関連の漢字が複数ランクインしており、人気タイトルが年間を通じて話題になった一年でした。

■ランキングトップ10
[アニメファンが選ぶ2019年『今年の漢字』は?]
1位 鬼
2位 銀
2位 滅
4位 京
5位 剣
6位 刃
6位 松
6位 拳
9位 祈
9位 神


(回答期間:2019年11月25日~12月2日)


■全体ランキング
[アニメファンが選ぶ2019年『今年の漢字』は?]
1位 鬼
2位 銀
2位 滅
4位 京
5位 剣
6位 刃
6位 松
6位 拳
9位 祈
9位 神
11位 炎
11位 音
11位 輝
11位 筋
11位 五
11位 再
11位 呪
11位 進
11位 水

(回答期間:2019年11月25日~12月2日)

アニメ!アニメ! 高橋克則

最終更新:2019/12/12(木) 7:15
アニメ!アニメ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事