ここから本文です

松木謙治郎は「巨人が長男、タイガースは次男」と言い続けた【阪神が巨人に勝てない内幕】

2019/12/12(木) 14:50配信 有料

日刊ゲンダイDIGITAL

松木謙治郎(右端)は監督になっても「阪神は次男」と言った(中央は巨人・水原監督、左は大洋・小西監督)/(C)共同通信社

【阪神が巨人に勝てない内幕】#7

 1935年12月10日、株式会社大阪野球倶楽部(大阪タイガース)創立。そのタイガースの契約第1号選手・松木謙治郎はことあるごとに「ジャイアンツが長男、タイガースは次男」と言った。松木は入団から5年後に監督に就くが、常に「うちは次男、あっち... 本文:1,003文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2019/12/12(木) 14:50
日刊ゲンダイDIGITAL

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る