ここから本文です

サイバートラックとDMCデロリアン、車とその製作者を写真で比較

2019/12/12(木) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

テスラのサイバートラックはステンレス鋼でできている。

ステンレス鋼の車は80年代のデロリアン以来だ

【全画像をみる】サイバートラックとDMCデロリアン、車とその製作者を写真で比較

2つの車とイーロン・マスクとジョン・デロリアンの間には興味深い共通点がいくつかある。

しかし、サイバートラックとデロリアンはまったく違う車だ。

いくつかのプロモーション用の車を除けば、自動車メーカーは車を作るのにステンレス鋼を使ったことがない。

例外は2つだけだ。1981年から1983年にはDMCデロリアン(DeLorean)が製造され、新たに発表されたテスラのサイバートラック(Cybertruck)も2022年から生産される予定だ。

2台の間には数十年の年月があるにも関わらず、ともにステンレス鋼で、なぜ明らかに耐久性のあるステンレスが通常のスチール鋼に取って代わらなかったのかという疑問を提起している。

デロリアンにとってのステンレスは、傷が簡単に取り除けるというものだったが、もちろん、この車のきらめく車体がセールスポイントだった。

テスラにとっては、マーケティングも要因の1つだが、同社の兄弟であるスペースXは、ステンレスを応用した宇宙船用の新しい素材を開発している。実際のところ、他の自動車メーカーはステンレスを使っていないので、供給元が存在しないのだ。

サイバートラックとデロリアンにはステンレスという大きな共通点が1つあり、小さな共通点もいくつかある。しかし他の点ではまったく違う。それ以下にまとめてみた。

DMCデロリアンは、1970年代後半から1980年代前半にかけての自動車産業では衝撃的な存在だった。他に似たものは何もない。このクーペはガルウィングドアとステンレスのボディでできていた

サイバートラックも、2010年後半から2020年前半にかけての自動車市場(もちろんトラック市場だけでなく)では他に類を見ないものだ

創業者のジョン・デロリアン(John DeLorean)は、当時、自動車業界で最も華のある人物だった

テスラのCEO、イーロン・マスク(Elon Musk)は現代のジョン・デロリアンとも言えるが、彼はデロリアンの業績をはるかに上回り、多くの車を販売し、スペースXを含む他の会社を作っている

デロリアンは実践派だった

マスクもそうだ

デロリアンはセレブの世界を知らないわけではなかった。デロリアン社のオーナーで投資家のジョニー・カーソン(Johnny Carson)と

マスクはこれまで、赤いカーペットの上を何度か歩いてきた

DMCデロリアンはボディにステンレス鋼SUS304を使用している。これはステンレスとしては普通のグレードの材料だ

テスラが「超硬30倍冷間圧延ステンレス鋼」と呼ぶ素材は、SUS304より優れているとされている

デロリアンをデザインしたのは、伝説的デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ(Giorgetto Giugiaro)。フェラーリからマセラティ、庶民的なフォルクスワーゲンに至るまで、自動車デザイナーとしては驚くべき経歴を持つ

サイバートラックの作者はフランツ・フォン・ホルツハウゼン(Franz von Holzhausen)。テスラのデザイン・チーフで、2012年のモデルS以来、同社の車を開発してきた(CEOの意見を少し聞きながら)

麻薬取引の疑惑でジョン・デロリアンの名声が地に落ち、財政が不安定になってデロリアン社が倒産するまでに製造されたDMCデロリアンは1万台に満たなかった

サイバートラックはまだ生産されていない。イーロン・マスクはいくつかの訴訟を抱えているが、今のところテスラは営業を続けている

デロリアンの名声は、1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とその続編によって復活した

デロリアンをタイムマシンにしたのは、基本的にはジョークだった。しかし、それは歴史に埋もれていたDMCデロリアンを救い出した

サイバートラックはこれまでのところ、イベントと映像でしか登場していない。これまでのところ、つまずいたのは、非常に頑丈だったはずの窓ガラスのトラブルだけだ

映画の中で、デロリアンのエンジンは未来から持ち帰った核融合技術で動くように改造されている

サイバートラックは、ベッドの代わりに「保管庫」を搭載したピックアップトラックだ。最高仕様モデルの価格は約7万ドル(約760万円)で、完全自動運転のオプションは7000ドル(約76万円)だ。デロリアンは当時2万5000ドルで販売されたが、自動運転はできなかった

デロリアンの外見はすばらしかったが、パフォーマンスはそれほどでもなかった。130馬力のV6エンジンで、0-60mphは10.5秒だった

テスラによると、サイバートラックの完全電動の駆動装置は3モーターで航続距離500マイル(約800km)、0-60mphの加速は2.9秒、重さは1万4000ポンド(約6.3t)を超える。そしてデロリアンは何も牽引することはできなかった

[原文:The Tesla Cybertruck is the first stainless-steel vehicle since the ill-fated DeLorean ─ here's a closer look at both (TSLA)]

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

Matthew DeBord

最終更新:2019/12/12(木) 12:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事