ここから本文です

HYDE “良き理解者”とつくり上げた狂騒のライヴをもって、『ANTI』ここに完結――

2019/12/12(木) 19:30配信

エキサイトミュージック

HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL
2019.12.08(SUN) at 千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホール

■「SET IN STONE」のショッキングな幕切れに思わず声を上げそうに

HYDEが最新アルバム『ANTI』を携え6月にスタートしたツアーが、アメリカ・ツアーを経て12月7日(土)・8日(日)、幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて凱旋公演。『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』と題したファイナル2デイズのうち、本レポートでは最終日8日(日)の詳細をお届けする。

黒地に蛇と赤い林檎のロゴが描かれた幕に「16:60:00」と時刻が示され、デジタルビートのSEに乗せてカウントアップ。5秒前からは観客も声を出して数え、HYDEお馴染みの定刻666(17:06)を迎えた瞬間、幕が下りて映し出されたのは、妖しく青味がかった夜の街。近未来のようでありながらノスタルジックな匂いも漂うビル群である。

あちこちに炎が燃え立つ中、「This is Neo Tokyo」と警報のようなアナウンスが繰り返され、マスクで顔を覆ったメンバーたちの姿が闇に不気味に浮かび上がる。スリリングなムードの中、重々しく鳴り始めたのは「WHO'S GONNA SAVE US」のイントロ。天から射し込む光のようなスポットを浴びたHYDEは、パトカーのボンネットに腰を下ろし抑制的に歌い出した。

顔の右半分を覆う黒い仮面、輝く淡いブロンド、唇から大きくはみ出した深紅のリップ。やがて立ち上がると、全身から怒りと悲しみを迸らせるような、息も絶えんばかりの渾身の絶唱を響かせる。ラウドなバンド・サウンドと情緒的なメロディー、緩急を自在に操るエモーショナルな歌声。映画の世界に迷い込み、ダークヒーローの覚醒の瞬間を目撃したような、HYDEの築き上げたライヴ空間に深く引き込まれるオープニングだった。

「さあさあさあ、やっちまおうぜ、幕張!」とHYDEは煽り、「AFTER LIGHT」へ。激しく髪を振り乱し、パトカーから降りてセンターへと歩み出る。大きく両手を広げた姿は、オーディエンスの大合唱を指揮するというよりは、すべての声を漏らさず受け止めよう、というコミュニケーションのためのアクションに見えた。艶めいた声色は荒々しく変化していき、狂気を帯びた高らかな笑い声で締め括る。ブラックライトでマスクは青白く、浮かび上がり、まるでモンスターのように見えた。

1/6ページ

最終更新:2019/12/12(木) 20:00
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ