ここから本文です

IR区域整備計画「21年前半の市会に」 誘致巡り横浜市長

2019/12/12(木) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜市の林文子市長は11日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の区域整備計画について「2021年前半の市会に諮り、(国に)認定申請する」との見通しを示した。ただ、より具体的な時期は「今後、検討する」と述べるにとどめた。

【写真特集】IR考 賛否の思惑

 同日に開かれた市会第4回定例会の本会議で、小粥康弘氏(立憲・国民フォーラム)の質問に答えた。

 区域整備計画は自治体と事業者が政府に申請し、政府はIRの立地区域を最大3カ所認定する。政府は11月、認定申請を21年1月4日から7月30日まで受け付ける日程案を公表した。

 小粥氏や藤居芳明氏(同)は、誘致に対する民意を問う場の設置や、誘致の是非を争点にした市長選の実施を迫った。

 だが市長は「大変厳しい意見を頂戴している」と4日から始めた市民説明会には触れたものの、民意を問う具体的な方法は「他の事例を参考にしながら検討する」と答えるのみ。

 市長選についても、誘致関連費2億6千万円を盛り込んだ一般会計補正予算案が市会第3回定例会で可決されたことを挙げ、「補正予算に基づいて、実施方針の策定などIR実現に向けた取り組みを進めているので、選挙については考えていない」と一蹴した。

 藤居氏は、市民説明会の参加者に賛否を尋ねることも求めたが、市長は「まだ多くの方に『IRはカジノ』と捉えられている」とし、「さまざまな機会を通して、市民の皆さまに丁寧な説明をする」と述べた。

 一方、東美智代氏(自民党・無所属の会)はIRがもたらす効果を市全体にどう波及させるのかと質問。市長はIRを「市の政策全体の一層の充実を図るための重要な施策の一つ」と位置づけ、「市が抱える課題の解決に向け、IRと各分野での施策の連携を図りながら、総合的に取り組んでいく」と強調した。

神奈川新聞社

最終更新:2019/12/12(木) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事