ここから本文です

637社出展「国際ロボット展」東京ビッグサイト12/18-21

2019/12/12(木) 14:15配信

リセマム

 日本ロボット工業会と日刊工業新聞社は2019年12月18日から21日、「2019国際ロボット展」を開催する。最終日の12月21日は、ロボットの操作体験や工作教室などを行う「つくる☆さわれる国際ロボット展」も行われる。入場料は1,000円。中学生以下は無料。

関連画像を見る

 国際ロボット展は、世界最大規模のロボット専門展。1974年の初開催以来、2年に1度開催されており、2019年で23回目を迎える。2019年は「ロボットがつなぐ人に優しい社会」がテーマ。前回(2017年)を上回る637社・団体が出展し、過去最大規模で開催される。

 産業用ロボットメーカーによる大規模展示のほか、サービスロボットゾーンには災害対応から介護・福祉、農業、教育まで幅広い分野のロボットが展示される。また、最終日の12月21日は、ロボットの操作体験や工作教室などを行う「つくる☆さわれる国際ロボット展」も開催。子どもから大人まで、幅広く楽しめる企画を予定しているという。

 入場料は1,000円。事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料。事前登録はWebサイトにて受け付けている。

◆2019国際ロボット展
会期:2019年12月18日(水)~21日(土)
会場:東京ビッグサイト 青海・西・南ホール(東京都江東区青海1-2-33/東京都江東区有明3-11-1)
開催時間:10:00~17:00
入場料:1,000円
※事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:2019/12/12(木) 14:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事