ここから本文です

【JRA新馬戦】クリソベリルの半弟ヴァーダイトなどがデビュー/POG

2019/12/12(木) 17:00配信

netkeiba.com

 12月14日(土)・15日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、12日確定した。

 今週は中山、阪神、中京で計9鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆12/14(土)

・中山5R(芝1600m・16頭)
エーポス(牝、池添謙一・北出成人、ジャスタウェイ)…半兄に現2勝のカイザーミノル(父ロードカナロア)がいる。CWで追い切られ、6F81秒台、1F12秒台前半で未勝利馬と併入。水準以上の時計で動けており仕上がりは上々。

・中山6R(ダ1800m・14頭)
カフェファラオ(牡、R.ムーア・堀宣行、American Pharoah)…米国産馬。先月28日には朝日杯FSに出走予定のサリオスと併入して力強い動きを見せた。以降も調整は順調。

・阪神5R(芝1600m・16頭)
ワールドスケール(牡、国分恭介・野中賢二、ワールドエース)…4日にはCWで6F81秒台、1F11秒台をマークし2勝クラス馬に先着している。水準以上の走りを見せており、初戦から力を出せそう。

アドマイヤヴェラ(牡、C.スミヨン・須貝尚介、カレンブラックヒル)…セレクトセールにて4536万円で取引された。坂路で追い切られ、4F53秒台をマークし2歳1勝クラス馬と併入。6月の新馬戦で除外されて以来の仕切り直しの一戦となる。

・阪神6R(ダ1200m・11頭)
イッシン(牡、岩田康誠・浅見秀一、Take Charge Indy)…坂路で乗り込まれ、楽な手応えで4F52秒台をマークするなど上々のスピードを見せている。初戦から動けるタイプだろう。

◆12/15(日)

・中山5R(ダ1200m・16頭)
ストームシップ(牡、野中悠太郎・栗田徹、ヘニーヒューズ)…美浦ウッドで追い切られ、5F67秒台、1F13秒で2勝クラス馬と併入。乗り込み量十分で、初戦から動ける態勢にある。

・中山6R(芝1800m・16頭)
エターナルボンド(牡、田辺裕信・伊藤圭三、キズナ)…美浦ウッドで追い切られ、馬なりで5F66秒台をマークし2勝クラス馬に先着した。追われる毎に気配は良化し好仕上がり。

クリスタルブラック(牡、吉田豊・高橋文雅、キズナ)…坂路で追い切られ、4F53秒台で古馬OPのモアナと併入。また、4日には美浦ウッドで5F68秒台をマークし2勝クラス馬に先着している。

・阪神5R(芝2000m・9頭)
ヴァーダイト(牡、川田将雅・音無秀孝、ディープインパクト)…全姉にGI・2勝のマリアライト、半兄にダートGI馬クリソライト、クリソベリル(いずれも父ゴールドアリュール)など。4日にCWで6F80秒台をマークするなど、上々の脚力を見せている。

メラーキ(牡、C.スミヨン・友道康夫、ハーツクライ)…母レツィーナは4勝。きょうだいに現5勝のアシャカダイキ(父スマートファルコン)などがいる。4日には、CWで6F81秒0をマークし先週1勝クラスを勝ったヒュッゲと併入している。

・阪神6R(牝・ダ1400m・14頭)
メタモルフォーゼ(牝、C.ルメール・渡辺薫彦、キンシャサノキセキ)…半兄に現2勝のエングローサー(父トランセンド)などがいる。坂路で追い切られ、4F52秒台で未勝利馬と併入した。

・中京5R(ダ1800m・9頭)
タイキザモーメント(牡、太宰啓介・西園正都、スピルバーグ)…坂路で追い切られ、4F51秒台で新馬に大きく先着した。順調に乗り込まれ仕上がりは上々。

最終更新:2019/12/12(木) 17:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事