ここから本文です

「ジョジョ 岸辺露伴は動かない」櫻井孝宏、内山昂輝の狂気にじみでる芝居に「怖かった」 全国ツアー東京公演【レポート】

2019/12/12(木) 19:00配信

アニメ!アニメ!

「『岸辺露伴は動かない』全国六都市上映ツアー 奇譚見聞録」東京公演が、2019年12月8日に東京・TFT HALL 1000にて開催され、新作OVA「懺悔室/ザ・ラン」の上映やキャストによるトークイベントを実施。岸辺露伴役の櫻井孝宏、「懺悔室」若い男役の高橋広樹、「ザ・ラン」橋本陽馬役の内山昂輝らが登壇し、収録の裏話などを明かした。

【フォトギャラリー】東京公演の様子を写真でもっと見る


昼公演では、開演と同時に櫻井が登場。櫻井は今回のようにツアー形式で作品に関わるのは初めてのことで、「いろいろな場所で観ると作品も少し違って見えるというような楽しみ方をみなさんとできたらと思っていたので、今日を本当に楽しみにしていました」と本イベント開幕への思いを語る。


2編の上映が終わると、櫻井、高橋、内山によるキャストトークがスタート。
シリーズ初参加の高橋は、アフレコの感想を求められると、「一番大変だったのは荒木先生独特の“じゃあないか”という言い回し。普通に“じゃないか”と言ったら、(スタッフから)『ジョジョ』では“あ”を発音しなければならないと言われて。せっかくなのでかなり強調して言ってみたら、そのまま採用されていてうれしかったです」とコメント。また、“じゃあないか”をサラッと言っている櫻井を見て「ジョジョ歴が長い人は違う」と感心したというエピソードも披露した。


内山は「とにかく疲れた。(息が上がる音の)ハァハァと言わなくちゃいけないので、途中、酸欠で台本が読めなくなって大変でした」と壮絶な現場の様子を回想。特に、露伴にプレッシャーをかけて追い詰めていく場面が大変だったそうで、櫻井も「後半のトレッドミルのシーンは僕も疲れましたね」と同意する。続けて櫻井が、少しずつ狂気が見えてくる橋本陽馬役の芝居を称賛しつつ「アフレコ現場でも“橋本陽馬感”があって少し怖かった」と、会場の笑いを誘う場面も。


トークショーのエンディングでは、櫻井は「作品をお見せできたことが、まずは一番うれしかったです。今回が『奇譚見聞録』の初回。このツアーも、みなさんと一緒に新しいものを作り上げていけたらと思います」とこの日のイベントを振り返りつつ、今後の「奇譚見聞録」への意気込みを語る。


さらに、内山さんは「『ジョジョ』のイベントに出るのは初めてだったんですが、みなさんの愛が僕らに迫ってくるようでした。今回『ザ・ラン』に参加できてよかったなと改めて思いました」とコメントし、高橋も「今日、新しい作品が生まれました。みなさまのお手元に(パッケージとして)届くまで、我々を含め“保育士さんたち”が大切に育て上げますので、”保育器”の中から出てくる“赤ちゃん”をもうしばらくお待ちいただいて、一生愛を注いであげてほしいなと」と会場の観客へメッセージを贈った。

「奇譚見聞録」は今後、名古屋、大阪、広島、仙台、大宮を巡回予定。さらに、2020年2月29日には長崎県美術館での特別追加上映も決定した。詳細は公式サイトまで。

「岸辺露伴は動かない」 全国六都市 上映ツアー 奇譚見聞録
2019年12月8日 (日) 東京 TFT HALL 1000 登壇:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝 昼夜2回公演
2020年1月19日 (日) 名古屋 Zepp Nagoya 登壇:櫻井孝宏、小野友樹 昼夜2回公演
2020年2月9日 (日) 大阪 メルパルクホール 登壇:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝 昼夜2回公演
2020年2月23日 (日) 広島 上野学園ホール 登壇:櫻井孝宏、高橋広樹、内山昂輝
2020年3月8日 (日) 仙台 SENDAI GIGS 登壇:櫻井孝宏、高木渉
2020年3月29日 (日) 大宮 ソニックシティ 大ホール 登壇:櫻井孝宏、小野友樹、高木渉
<特別追加上映>
2020年2月29日 (土) 長崎 長崎県美術館 登壇:「岸辺露伴は動かない」製作陣(予定・詳細後日発表)
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・岸辺露伴は動かない製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

アニメ!アニメ! CHiRO★

最終更新:2019/12/12(木) 19:00
アニメ!アニメ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事