ここから本文です

韓国 けさのニュース(12月12日)

2019/12/12(木) 10:00配信

聯合ニュース

◇米大使が北朝鮮の挑発をけん制 国連安保理の会合で

 国連の安全保障理事会は11日(米東部時間)、北朝鮮のミサイル開発問題を議論する公開会合を開いた。会合は米国が要請したもので、同国のクラフト国連大使は北朝鮮に対し、弾道ミサイル技術を利用した衛星の打ち上げや大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射による挑発をしないよう警告した。また、米国は柔軟な交渉の準備ができているとしながら、協議に応じるよう促した。

◇トランプ氏 在韓米軍維持盛り込んだ国防権限法「即刻署名する」

 トランプ米大統領は11日(米東部時間)、在韓米軍の規模を維持する内容が盛り込まれた国防権限法(NDAA)案に米下院と上院の軍事委員会が合意したことを受け、即刻署名すると明らかにした。トランプ氏は3日、在韓米軍の規模を維持するためには韓国の駐留経費負担を増やさなければならないと公言した。これを巡ってトランプ氏が在韓米軍の縮小を現在進んでいる駐留経費交渉のカードとして使う可能性が提起され、国防権限法の処理の行方に関心が集まっていた。

◇チョ前法相 3回目の検察出頭

 韓国のソウル中央地検は11日、娘の不正入学疑惑などに関与したとしてチョ国(チョ・グク)前法務部長官を呼び、先月21日に続いて3回目の事情聴取を行った。この日の取り調べは午前9時半から10時間半に及んだ。チョ氏は1回目、2回目の事情聴取では供述を拒否したが、この日も供述を拒否したかは確認されていない。

◇強風で気温低下 粒子状物質は低濃度

 12日は北西から冷たい空気が流れ込んで最低気温が大きく下がり、寒くなりそうだ。ソウルと京畿道、江原道、忠清南道、全羅北道北部の内陸などに寒波注意報が発令されている。気象庁の関係者は「中部地方と南部の内陸は朝まで気温が氷点下となり、強風が吹いて体感温度が低く、寒くなる」と見通した。最高気温は2~9度で、前日(8.6~17.5度)より6~8度低くなる。大気の拡散が円滑で粒子状物質(PM)の濃度は全国で「良い」(低い)~「普通」と予想される。

最終更新:2019/12/12(木) 10:00
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事