ここから本文です

ホンダ CRF1100Lアフリカツイン、ロングストロークサス採用の新タイプ追加へ

2019/12/12(木) 14:30配信

レスポンス

ホンダは、大型アドベンチャーモデル『CRF1100Lアフリカツイン』シリーズにオフロード走破性を高めた「CRF1100Lアフリカツイン<s>」「CRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツES<s>」を追加し、2020年4月17日に受注期間限定で発売する。

[関連写真]

CRF1000L アフリカツインは、ライディングモードセレクトやホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)を標準装備。さらに二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定するなど、オンロードでのツーリング性能とオフロードでの高い走破性を高次元で両立させたアドベンチャーモデルだ。12月13日には排気量アップの新エンジンを搭載した改良新型が発売される。

今回追加する両モデルは、ストロークを伸長した前後サスペンションを採用し、オフロードにおける優れた走破性をより高めている。

CRF1100Lアフリカツイン<s>のカラーリングは「グランプリレッド」の1色設定。価格は6速リターン式が161万7000円、6速DCTが172万7000円。電子制御サスペンション採用のCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツES<s>は「パールグレアホワイト」と「ダークネスブラックメタリック」の2色を設定。価格は6速リターン式が194万7000円、6速DCTが205万7000円。受注期間は2019年12月12日から2020年5月31日まで。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:2019/12/12(木) 15:12
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事