ここから本文です

Karin.、「静止した命」が動き始めるストーリーが描かれた最新曲“命の使い方”MVを公開

2019/12/12(木) 22:00配信

rockinon.com

高校生シンガーソングライター・Karin.が、12月4日に配信リリースした新曲“命の使い方”のミュージックビデオを公開した。


同曲は、学生のいじめや悩みによって自殺してしまった子を「思春期だから」という理由で終わらせたくない、「命の使い方に正解や不正解など存在しない」という思いが表現された楽曲。MVの監督は、米津玄師“パプリカ”のMVやテレビ朝日系列『報道ステーション』のオープニング映像を手掛けた映像作家・加藤隆氏が務め、加藤氏自身初となる実写とアニメーションが融合した映像となっている。蝶の標本や止まった時計、ドライフラワーなど「静止した命」の中で歌うKarin.と、一人の顔の無い少女が迷いながらも自分の存在を探すアニメーションとで構成されており、少女が狭く忙しい世界の中で音楽や他者の温もりなど、これまで気づかなかった世界に触れ、初めて苦難の道にも立ち向かって進むとき、少女に表情が現れて意志を持って強く進んで行く様子と、力強く歌うKarin.の姿、そこに差す光から広がる世界をシンクロさせて、「静止した命」が動き始めるストーリーが描かれているとのこと。

【Karin. コメント】
“命の使い方”のミュージックビデオを公開しました。
生活をしていて理不尽な世の中に疑問を抱く瞬間があります。
まだ十数年しか生きていない少年少女が、いじめや人間関係、孤独や社会に耐えられなくてこの世界から消えたときに「思春期だから」という理由で片付けられたくないと思い、それと同時に人の生き方を可哀想だと思ってしまった人間が一番可哀想だと思いこの曲を作りました。
人生はたった一度しかないからこそいろんなことを喜び、学び、失敗し、協力し、自分と向き合って生きていくんだと思います。

「命」ほど尊いものはないです。
今回、加藤隆さんに協力していただき、この曲に込めた想いが、聴くだけではなく観て感じ取れるミュージックビデオになりました。登場人物や、ストーリー、色遣いにも様々なメッセージが込められているように感じます。
たくさんの方に観てもらって聴いてもらって何かを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

【加藤隆監督 コメント】
Karin.さんから、この曲がムーミンに登場する「ニンニ」という透明な少女をモチーフにしているというお話を聞きました。
「ニンニ」のような少女が、現代にいたらどんな感じだろう?
10代の時に感じる迷いや焦燥、そして自分を見出していく様を、何か美しい形にできないかと思いながら制作しました。
どうぞよろしくお願いします。

●配信情報
デジタルシングル『命の使い方』
配信中
配信URL
Karin. オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:2019/12/12(木) 22:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事