ここから本文です

YKK APがArasを採用、柔軟性やサブスクリプションなどを評価

2019/12/12(木) 9:10配信

MONOist

 アラスジャパンは2019年11月21日、YKK APがArasプラットフォームを採択した事例について発表した。

 YKK APがこれまで商品開発プロセスに利用していたパッケージシステムは、開発サイクルの短縮やデータ品質の向上といったニーズに適応しにくいものだった。そのためYKK APでは、現状の商品開発に対応しつつビジネス環境の変化に適応できるシステムを検討した。

 その結果、Arasプラットフォームのアーキテクチャや柔軟性、アップグレードのしやすさを評価。さらに、サブスクリプションモデルによるコストメリットがあることから、採用を決定した。

 同プラットフォームはYKK APの要件に合わせてカスタマイズ可能で、将来のアップグレードも含まれており、ビジネス環境の変化に対応する労力を削減できる。また、最新の技術を活用する際もコストを事前に想定できるとしている。

MONOist

最終更新:2019/12/12(木) 9:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事